FX初心者スレ

ストップリミット注文とは?

ストップリミット注文とは?
マルチチェーン このプロトコルは、Ethereum、BNB Chain、Polygon、Gnosis、Avalanche、Fantom、Ethereum L2ネットワーク(OptimismとArbitrum)で動作します。

1inch指値注文プロトコル

Start image

手数料なし

手数料なし 1inchの指値注文プロトコルは無料です。 これにより、プロトコルはガスに関して非常に効率的になります。

ダイナミックプライシング

ダイナミックプライシング 価格計算は、需要と供給に基づいたスマートコントラクトによって行われ、ユーザーにとって一番良い取引を促進します。この機能は、オークションで特に便利です。

条件付き注文

条件付き注文 ユーザーは注文に特定の条件を設定して、取引からの収益を最大化できます。

追加のRFQサポート

追加のRFQサポート プロトコルにより、見積もり要求「RFQ」(特定量の仮想通貨を購入または販売するための注文) を実行できます。

マルチチェーン

マルチチェーン このプロトコルは、Ethereum、BNB Chain、Polygon、Gnosis、Avalanche、Fantom、Ethereum ストップリミット注文とは? L2ネットワーク(OptimismとArbitrum)で動作します。

FTXの現物取引の仕方を画像付きで分かりやすく解説

取引所の開設・使い方

「FTTに興味があるけど、怖くて手を出せないいる」

この記事ではFTXでの現物取引の仕方と注文の出し方を初心者向けにわかりやすく説明します。

口座開設の方法、レバレッジトークンについてはこちらの記事で解説 しているので参考くださいね。

FTXでの現物取引の方法を解説

マイページ上部にある「スポット」を選択する

取引したい銘柄を選ぼう

FTXで実際に現物取引の注文をだしてみよう

FTXの現物取引における注文方法を解説

指値注文=Limit order

板情報を見ながら、高く売れそうな価格、安く買えそうな価格を読んで指値をだします。

ただし、 相場価格が指定した価格まで変動しなかった場合は売買が成立しません

初心者の方で取引にまだ慣れていない場合、自身に有利な価格で注文が出せる指値注文がおすすめです。

成行注文=Market order

そのため買い注文の時は少し高め売りの注文時は少し安めの価格で売買が成立しやすくなります。

相場が急変した時などに「今すぐ買いたい」といった場合は成行注文がおすすめです。

市場を止める=Stop market

例えば、100ドルで買った株があるとします。
リスク管理として「95ドルに下がったら損切りしよう」と事前に設定しますよね。
でも今の価格で「95ドルで売り」と注文を出しても、100ドルで売れてしまいます。
そんな時は 「ストップマーケットオーダー」で「95ドルでストップオーダー」 を入れましょう。
株価が95ドル以下になった時、自動的に成行注文が執行 されます。

ストップリミット=Stop limit

指値注文のストップオーダーのことです。

ただし、 約定価格は確定しますが、ストップ価格にあたっても執行されない ことがあるので注意が必要です

FXのMACD設定 ストップ、リミット幅を最適化

FXのMACD設定 ストップ・リミット幅を最適化

テクニカル分析

FXのMACD設定 ストップ・リミット幅を最適化

FXでMACDを使った取引手法の検証・考察。今回の記事は第3回目。

とれろく

今回はMACDでエントリーと同時にリミット注文、ストップロス注文を行う手法の見直し・検証です。1回目の検証で一番良い成績でしたが、さらに儲かる売買手法となるのか?早速やっていきましょう。※EAの配布も有り。

MACD リミット・ストップロス注文の詳細

MACDリミット・ストップロス注文EAの内容

MACD指値・逆指値注文EAのトレード例

MACD指値・逆指値注文EAは両建て状態が生まれる

MACD指値・逆指値注文EAのトレード成績

MACDのパラメーター見直し・最適化

ほぼ間違いなく、パラメーターを見直すことでより稼げるトレードルールに変化すると思います。

FastEMA 2~100の値で2刻み 50通り
SlowEMA 2~100の値で2刻み 50通り
Signal 2~16の間で2刻み 8通り
利食い 100pips~600pipsの間で50pips刻み 11通り
損切り 100pips~600pipsの間で50pips刻み 11通り

50×50×8×12×12=242万通りの組み合わせです。

MACD指値・逆指値注文EAの最適化パターン1

資産は約20年で4倍以上。最適化前のパラメーターよりも良い成績です。2010年から2013年の停滞期も少なくなり、プロフィットファクターは1.60、ドローダウンは12.38%。もっとレバレッジをかければ、20年で8倍以上に資産を増やすことも可能。

なぜ機能するのか?

MACD指値・逆指値注文EAの両建て状態がなぜ機能するのか?

最適化の結果、利食い600pips、損切り200pipsという損小利大のトレード手法となっています。そしてデッドクロスでも、ゴールデンクロスでも発生すれば両建てでもエントリーするということは結局、 どっちかに強く動けば勝てる。 ということです。

つまり、ドル円の日足では2000年から2019年ぐらいまで、どっちかに強く動くという相場が発生しているということです。

MACD指値・逆指値注文EAが機能しにくいチャートパターン

MACDリミット・ストップロス注文EAの応用

ドル円 4時間足の場合

ドル円4時間足でMACD指値・逆指値注文EAを使った場合

ポンド円 日足の場合

ポンド円日足でのMACD指値・逆指値注文EA

つまり、ポンド円は比較的レンジ相場となる傾向が強いということです。

正確には、短期間で売られすぎ、買われすぎの行って来いパターンが発生しやすいと表現した方が良いでしょうか。値動きの激しい通貨ペアならではの傾向ですね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる