無料講座

仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析

仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析
仮想通貨の基礎

【2022年】東京都のFXセミナーのおすすめ人気ランキング10選

スキラージャパン株式会社代表取締役、伊藤亮太FP事務所代表。 ファイナンシャル・プランナーとして、年間平均約100~200件の相談(資産運用、相続、保険の見直し、住宅ローンなどのローン相談等)を行うほか、証券外務員やFP資格取得講師、金融経済情勢、富裕層顧客開拓スキル、ドクターマーケット開拓、年金、四季報活用講座などの研修講師を行う。 東洋大学経営学部非常勤講師 大手前大学現代社会学部非常勤講師 〔主な著書〕 『図解金融入門 基本と常識』(西東社) 『FP技能士2級・AFP重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『FP技能士3級重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『円安で利益倍増!ウマイ投資法がわかる本』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) 『不動産投資44の法則』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) など

FXセミナーの特徴・内容は?

FXセミナーとは、外貨取引など資産運用のプロが講師となり、必要な知識や利益を出すコツを講義するセミナー

大きな魅力は、初心者向けの基礎知識から上級者向けのトレード手法など幅広い講義があることです。自分の経験にあった内容を選べば、自信を持った取引やスキルアップにつながりますよ。

また、プロによる実践的な話を聞くことで、広い視点を持てるのもメリット。独学には限界があり、視野が狭くなりがちです。セミナーでさまざまな手法で取引に臨めるようになれれば、収益がアップする可能性もありますよ。

ただし、高額な商材をセールスしてくる怪しいセミナーや必ず勝てるなどと講義する講師もいるので注意してください。なかには、有料でこのようなことをしているセミナーもあります。資産運用を始める前に資金を減らすのはもったいないので、受講するセミナーは厳選して選びましょう。

東京都のFXセミナーの選び方

① 初心者?中上級者?レベルにあわせてセミナー内容をチェック

初心者ならFXの仕組みや注文の出し方など基礎から学べるものを

FXや資産運用に初めて触れる人は、FXとはどういったものか基礎からみっちり学べるセミナーがおすすめです。

講義内容が多岐にわたると、何から学べばいいかわからないですよね。金融商品の売買を始めてする人は、値動きや利益が生まれる仕組み・取引の仕方・チャートの見方などを学ぶと、実際の取引をイメージしやすいでしょう。取引を始めるにあたって必要な基礎知識を網羅しているセミナーなら、不安も解消できますよ。

また、実際に取引を始めて経験を積んだ人にも、学び直しは重要です。初心者向けのセミナーであれば難しい用語などの解説もしているため、知識の抜けや改善点を見つけたい人でも活用できますよ。

取引にも慣れてきたらテクニカル分析やファンダメンタルズ分析など中級者セミナーへ

専門用語への理解があり取引の経験も積んでいる人は、売買の判断など投資戦略などを学べるセミナーがおすすめ

投資戦略は、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を用いて組み立てるのが一般的です。中級者向けのセミナーなら具体的な資産運用のテクニックが学べますよ。

また、投資戦略の分析以外のテクニックも中級者向けセミナーでは教えてくれます。たとえば、日中の忙しい人でも取引できる自動売買の方法や、価格の上昇・下落を予測するバイナリーオプションについても学べるので、投資の幅を広げたい人も注目してみてください。

上級者はリスク管理やトレード手法など、実践的なテクニックが学べるセミナーを選ぼう

より効率よく収益アップを目指すなら、トレードテクニックを学べる上級者向けのセミナーがおすすめです。

FX取引では、少ない資金で大きな金額の取引ができるレバレッジがあります。レバレッジは、利益も大きく狙えますが、損失のリスクも高まる投資手法。倍率を高く設定しても、ポジションを調整してリスクのバランスを最適化する手法などが学べれば、利益の増加が狙えますよ。

また、資産運用では損切りなどのリスク管理も重要。損失を出すタイミングを掴むのは難しいですが、上級者向けセミナーならリスク管理の講義も行っています。レベルの高い参加者と情報交換もできるので、最終的な受講の目標にしてみてください。

仮想通貨(暗号資産)のファンダメンタルズ分析の情報入手のポイント

仮想通貨の基礎

仮想通貨(暗号資産)ファンダメンタルズ分析 を行う際に、どのような情報が重要になるかを解説します。

タクミ

みお

仮想通貨(暗号資産)のファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは、 「世界の政府の発言・政策、金利政策をはじめとする経済の動向や経済指標、各仮想通貨の暗号資産取引所上場情報・開発情報・企業提携情報を分析すること」 です。

それを元にして仮想通貨のチャートの今後の動きを予想することができるので、ファンダメンタルズ分析の重要性は高いと言えます。できる限り早く情報を入手することも大切だと言えるでしょう。

※ファンダメンタルズの情報を略して「ファンダ」と呼ぶ投資家も多いです。「ファンダ上げ」といったら、ファンダメンタルズ情報によりチャートの価格が上昇したという意味です。

ファンダメンタルズ分析を行うメリット

ファンダメンタルズ分析のメリットは以下のようなところにあります。

  • 経済指標発表などのスケジュールを頭に入れておくことで、事前にリスクやチャンスに対して備えることができる。大きな値動きが生じそうなタイミングを予想できることになります。場合によっては一旦仮想通貨を売却してリスクオフすることになります。ファンダメンタルイベントのスケージュールが入ったファンダメンタルカレンダーを用意する人もいます。
  • 入手したファンダメンタルズの情報を元にして仮想通貨(仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 暗号資産)の今後の価格の予想をすることができる。
  • 仮想通貨の各々の銘柄の開発情報などを得ることで、その銘柄の有望性を知り、多くの取引所に上場する前に先行して投資することで大きなチャンスを獲得できる

ファンダメンタルズ分析のデメリット

  • デマ情報に惑わされてしまう可能性がある。
  • 情報に期待し過ぎてしまって、冷静さを失うことがある。情報を先に入手した機関投資家を中心として、既にその情報が価格に織り込まれていて、期待したほど上昇しなかったり、反対に急落するリスクがある。
  • 良いファンダ情報が出た時に思い切って大きな投資をし過ぎてしまったが、既にかなり高値圏に入ってしまっていて反落することがある。

みお

タクミ

仮想通貨のファンダメンタルズ分析で重要な情報

政府の規制に関する情報

政府が規制を入れて、仮想通貨取引の自由度が低くなるようなファンダメンタルズの情報がニュースなどで報道されると価格が下落する傾向があります。

国家情勢に関わる情報

国家情勢は全ての種類の仮想通貨銘柄にとって重要なファンダメンタルズ情報となるのです。

金利の情報

取引所への上場の情報

仮想通貨(暗号資産)に特有のファンダメンタルズ情報として、対象銘柄の取引所への上場の情報も非常に重要です。世界的でも取引高が大きいBINANCE(バイナンス)やCoinbase(コインベース)への上場が決まった場合には、「ファンダ上げ」が起こり、つまり、一気に価格が暴騰することもあるのです。

企業との提携の情報

The Sandboxは、プレイヤーが仮想体験をプレイ、構築、所有、および収益化できる仮想メタバースです。ゲーム内でキャラクターやアイテムに価値を持たせて売買することが可能です。今回はThe Sandboxの特徴や将来の展開や価格の予想について解説していきます。リアルタイムのチャートも表示しています。

開発状況や今後のプランに関する情報

開発情報の入手先としては、各仮想通貨の公式HPが最も詳しいことも多いので、おすすめです

バーン(Burn)の情報

バーン(Burn)とは、その仮想通貨の一定数量を流通市場から排除することで、その仮想通貨を未来永劫取り出せないウォレットに送ってしまうことです。焼却して存在をなくしてしまうという意味合いから、「バーン」と呼ばれています。

ただし、情報獲得が遅くて、既に高騰したところで買ってしまうと、その後に価格調整で反落することがあるので、仮想通貨取引の初心者の方は特に 高値掴みに 注意しましょう。

エアドロップの情報

エアドロップとは、無償で仮想通貨がもらえるキャンペーンイベントのようなもののことをいいます。

特定の仮想通貨銘柄を特定の時点で保有していると、その保有者に対して新しく開発されたトークンが配布されるということです。ちなみに、その時点のことを「スナップショット時点」と呼びます。

その仮想通貨の銘柄に関する特有のファンダメンタルズ情報

仮想通貨(暗号資産)のファンダメンタルズ情報の入手先

ここでは、仮想通貨(暗号資産)のファンダメンタルズの情報をどこで入手できるのかを説明したいと思います。調べ方がわからないと困ってしまいますからね。

タクミ

仮想通貨の発行者・開発者の情報

政府や金融庁

暗号資産取引所の発信情報

ニュースサイト

仮想通貨のニュース等を取り扱う情報サイトで最新情報などを入手する人もいます。ニュースサイトなどの情報源を使うと、内容がまとめられているので時間がかからないこと、原文が英語等の外国語であっても日本語に翻訳されていることなどのメリットがあります。

TwitterやYouTubeなど

SNSのTwitterでは、各々の仮想通貨の開発会社の公式アカウントや、有名な仮想通貨情報発信者のアカウントもあります。そういった信用性の高い情報は有用です。Twitterのメリットとしては、情報の拡散速度が速いので、確かに仮想通貨の最新情報を仕入れるのに優れているということです。

YouTubeでは、動画で説明してくれるので、視覚も使えるため、理解しやすいというメリットがあります。気になる最新情報を聞いた場合にもっと詳しく知りたいのであれば、ユーチューバーが詳しく解説してくれる動画を見ても良いでしょう。

ファンダメンタル分析

GBPJPY: 大きな反発上昇後に戻り売られたポンド円

全体の流れが下げの中、急反発したものはこのように大きく戻り売られることがよくあります。 戻りを捉えるには、 ・短期の波についてエリオットを数える ・伸び切ったところでの高値切り下げに気が付く ・高値切り下げ後に最後のあがきで上昇してきたところを叩く という手順で行えます。 現在は黄緑6ヶ月線が下落を止めようとサポートの役割を果たそうとしています。 ここで下げ止まるなら、2波に入っていく可能性がありますが、 仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 アメリカ株が昨日大幅に下げており、日本市場、欧州市場でその流れが継続するようなら リスク通貨のポンドは売られ、日本円が買われる展開から割っていくことも想定しておく必要がありそうです。

WALCL: FRBのバランスシート縮小のインパクトを考える

金融政策には ・量的政策(国債を買い取り、市場に資金を流す、もしくは国債を売却し、資金を吸収する) ・質的政策(政策金利を下げること、もしくは上げること) の2種類があります。 アメリカは特にコロナショック後 質的、量的にも大規模な金融緩和政策を行ってきました。 つまり政策金利を下げ、国債を買い取ってきました。 その結果、FRBのバランスシート(B/S)はコロナ前には約4兆ドルだったものが、現在は約9兆ドルまで膨れ上がっています。 膨れ上がったB/Sを少しずつ縮小させていくことになりますが、これをQT(Quantitative.

US05Y-(100-ZQZ2019): 昨日、FOMCの「真の重要点」まとめ

こんばんわ。 今回は昨日発表された、FOMC決定内容について「真に重要な点」をまとめて行こうと思う。 「0.5%の利上げが行われた」、「毎月950億ドル規模の資産償却が決定された」等々、表面的なことではなく、この結果がマーケットにどのような影響を与えていくかを考察していきたい。 まず、昨日発表に発表されたFOMCの最重要点は何と言っても「QT」、FRBバランスシート縮小に関する実施内容の取り決めだ。 昨日発表された「QT実施内容」の影響力を理解するために、昨日発表のQT実施内容と前回2017年に実施されたQT内容を比較し整理していきたい。 以下、いくつかの点について今年に実施されるQTと、前回2017年実施のQT内容の違いをまとめていく。 ———————- ① 「今年QT」 償却最大規模:950億ドル 「.

仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 100-ZQX2022: 【ドル円】米金利上昇一服。ドル円は間も無く調整局面入りか。

チャート上段:ドル円 チャート中段:米5年国債利回り チャート下段:米政策金利先物2022年11月限月 上昇を続ける米国債金利だが、一旦の頭打ちを迎えそうだ。 先週金曜日に、米政策金利先物である「ZQ11月限月」は2.605%の高値を付けた。 このことで、米金利マーケットは年内FOMCにおける最速での中立金利2.4%までの利上げを折り込んだことになる。 今後年内のFOMCにおける、以下利上げスケジュールを折り込んだ。 2022年5月のFOMC:0.5%利上げ 2022年6月のFOMC:0.5%利上げ 2022年7月のFOMC:0.5%利上げ 2022年9月のFOMC:0.5%利上げ 2022年11月のFOMC:0.25-0.5%%利上げ (2022年11月時点FFレート:2.5%-2.75%).

USDJPY: 長期金利差からみるドル円相場

左がドル円(日足) 右が長期金利(10年もの国債利回り) 青:アメリカ オレンジ:日本 仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 赤:アメリカー日本 を表示しています。 今回は長期金利差と為替の相関関係から相場を考えていきます。 まず大前提として為替も株式、野菜、資源などの他の"モノ"と同様、需要と供給のバランスで価格が決まります。 ドル需要が高まれば、ドルの価格が上がる(ドル高になる)ということですね。 その需要量と供給量がどのように決まるのか?までは今回は深入りしないこととします。(あまりにも記述が多くなりすぎる為。興味がある人は国際経済学の書籍を参考にされると良いかと思います。 長期金利を見ていくと 日本はじわじわと上がってきているのですが急騰はしていないのが見てとれます。 一方でアメリカは今年に入ってから急騰していますよね。 結果、アメリカ長期.

100-ZQZ2024: 【テクニック】米政策金利、市場予測の見方

今日は米政策金利予測の見方について説明していきます。 現在は特に、様々なマーケットが米政策金利の行方に注目しています。 今回説明する内容をウォッチングリストに登録しておくことは、間違いなくトレードの役に立つと思います。 仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 米政策金利であるFFレートは先物商品として取引されています。 トレーディングビューで、商品シンボル「ZQ」を検索するとその価格を確認できます。 「ZQ」と検索すると、 ZQ1!、ZQ2!とZQ といったリストが表示されます。 ZQ1!は期近限月、ZQ2!は二つ先の期近限月の繋ぎ足です。 この「ZQ1!仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 」と「ZQ2!」は気にしないで大丈夫です。 重要なのがZQ.

USDJPY: 【ドル円】分析③ 日米金利格差

チャート上段:ドル円 チャート中段:日米5年国債利回り格差(ドル円相関) チャート下段:日米3ヶ月国債利回り格差(ドル円相関) ドル円と日米金利格差は歴史的に相関関係が強い。 米国金利が上昇すればドル円は円安に進み、米国金利が低下すればドル円は円高に進む。 ではここでいう日米金利格差とはどの金利をみれば良いのだろうか? 結論を言うとそれは「日米5年国債利回り格差」だ。 「日米5年国債利回り格差」が最もドル円と相関関係が強いと言われている。 上記のチャートをご覧いただきたい。 中段が「日米5年国債利回り差」と「ドル円」の相関係数。 下段が「日米3ヶ月国債利回り差」と「ドル円」の相関係数を表している。 チャートを見て分かる通り、 中段チャートの5年債相関係数は「0」よりも上、つまりドル円と一定の正の相関関係がある.

US05Y-(100-ZQZ2019): 昨日、FOMCの「真の重要点」まとめ。

こんばんわ。 今回は昨日発表された、FOMC決定内容について「真に重要な点」をまとめて行こうと思う。 「0.5%の利上げが行われた」、「毎月950億ドル規模の資産償却が決定された」等々、表面的なことではなく、この結果がマーケットにどのような影響を与えていくかを考察していきたい。 まず、昨日発表に発表されたFOMCの最重要点は何と言っても「QT」、FRBバランスシート縮小に関する実施内容の取り決めだ。 昨日発表された「QT実施内容」の影響力を理解するために、昨日発表のQT実施内容と前回2017年に実施されたQT内容を比較し整理していきたい。 以下、いくつかの点について今年に実施されるQTと、前回2017年実施のQT内容の違いをまとめていく。 ———————- ① 償却最大規模:950億ドル .

US30: ダウと10年債利回りの相関変化

FRBによる利上げが加速するとの思惑から10年再利回りの上昇が止まりません。 為替はドルが強く、特に金融緩和継続の日本の通貨とのペア、ドル円の上昇は月足高値に迫っても止まらないかもしれない様相です。 一方、株式市場はこの10年債利回り上昇に対し、ある程度までは好感していましたが、金利上昇を嫌気し始めており、 特に借入が多い新興企業が組み込まれているナスダックの下落が目立ち始めました。 債券利回りと株価の関係は、その時々の状況により変化するので、マーケットが今どのように利回りの状況を見ているか、 為替やインデックスの反応を見たり、アナリストの分析を参考にして把握する必要があります。

US10Y: 【図解】景気後退のシグナル?逆イールドとは何か

この投稿では最近ニュースで話題になっている逆イールドについて、そもそもイールドカープとはなんぞやというところから、その発生要因、経済・相場へのインパクトまで図解したいと思います。 債券の世界はこのイールドカープを始め、スティープ化やフラット化といったカタカナ用語が多く登場し、難しいと感じている人も多いと思いますので、イメージとともに理解するのがオススメです。 以下の流れで解説をしていきます。 目次 ・イールドカーブとは何か? ・逆イールドとは何か? ・なぜ逆イールドが発生したのか ・なぜ逆イールドは景気後退(リセッション)のシグナルと言われるのか? ・過去に逆イールドが発生した時の動き ・イールドカーブとは何か?.

USDJPY: 【ドル円】分析② 日本経常赤字

チャート上段:ドル円 チャート下段:日本経常収支(月次) 日本の足元経常赤字が円安の大きな材料となっている。 2022年1月の日本経常収支はマイナス1兆1887億円と単月で過去二番目の赤字額となった。 資源高と円安により膨らんだ貿易赤字が原因となっているが、このことが嫌気され円安が進行している。 経常赤字発表の3月8日の115円から、一気に直近125円まで、わずか1カ月足らずで実に10円も円安が進行した。 ただこの日本の経常赤字だが一時的な現象で長期化はしないと思われる。 経常収支は ・貿易収支 ・サービス収支 仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 ・第一次所得収支 ・第二次所得収支 の項目から構成されている。 この中で変動の大きい「貿易収支」と「第一次所得収支」の二項目を注目して見ておけば良い。 ご存知の通り「貿易収支」は資源高と円安により今後.

USDJPY: 【ドル円】分析① 実需の円買い急増。

チャート上段:ドル円 チャート下段:シカゴIMM先物ポジション 昨日ドル円のシカゴIMMドル円先物ポジションが発表された。 (※3月29日取引終了時点集計値) 結果、投機筋累計-102,100枚の円売り越しと円安過熱水準の目安となる-100,000枚に達した。 今回注目したいポイントは、一週間で23,600枚という大きなポジションの増減があったことだ。 一週間で23,600枚の増減はかなり大きな数字で過去を見ても上位10%以内に入る数値だ。 投機筋の23,600枚の円売り増加は、逆に実需筋の23,600枚円買い増加を意味している。 つまり直近の円安進行局面で、日本輸出企業や長期投資家といった実需筋は歴史的に見てもかなり強い円買いを実施していることが分かる。 ニュースでは「実需の円売りで円安進行」などといった報道.

SPX: 長短金利が逆転!? 為替や株式市場の反応を過去の歴史から読む

10年債利回りと2年債利回りが逆転(逆イールド)するとリセッション(景気後退)が起こるかもしれない。 過去にそうなった時に、為替や株式市場がどの様に動いたのか、歴史を振り返るのも知識を深めるために知っておくと良いと思います。 今回のチャートは 上段:米国10年債(赤)、5年債(青)、2年債(シルバー) 仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 下段:米国SP500(SPX) の週足を比較して並べています。 スクロースして見てみると 2018年12月 2000年 2月 2007年 6月 に金利差がなくなったのがわかります。 2000年の2月〜の長短金利逆では12月まで逆転したままでした。 その時のマーケットの反応を見てみると ・長短金利逆転:2000年2月〜12月 ・米国SPX :2000年10月から本格的に下降トレンド入 長短金利が逆転しても各マーケットへの.

USDJPY: 【ドル円】IMM投機ポジション、円売りにまだ過熱感は現れす。

上段:ドル円 仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 下段:IMMドル円ポジション 本日発表されたドル円のIMM先物ポジションは「−62,300枚」という結果であった。 ※3月15日(火)仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 時点の建玉集計数値 前回からの増減は「−6,400枚」と、これだけの円安が進んだのにも関わらず円売りポジションは微増しかしていないことが分かる。 IMM先物ポジション.

BTCUSD: 👑トレードマスタークラス#5-1 ファンダメンタルズ要因を知り目の前のトレードに活かす方法

皆さんこんにちは本日も週間総合解説を行っていきたいと思います今日は2022年3月6日日曜日、午後15時となっております。 仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 今日お伝えするのは、先週僕がやったトレード2回。2回とも勝ちましたけれども。 私の行ったトレードと、あとは、先週の動きから、特にユーロ圏の通貨ですね、ユーロ、ポンド、あとはフランの動き、あとはそれと絡んでビットコインの動きを解説していきたいと思います。 相場とファンダメンタルズは密接に関係してるんですね。特に労働者とウクライナがもめているのでそこから発生して相場が動いているという、要するにテクニカルで動いてないんですよね。 テクニカルで動いているように見えますけどもやっぱり今はファンダメンタルズ要因で動いていてニュースのヘッドラインとかですね、そういうものに左右されているように見えますけども、裏でどう.

THETAUSDT: 2022 仮想通貨の注目される分野を占う

ちょうど、今年に入りBTCが底をつき、上昇の兆しを見せました。 そして、仮想通貨全体が上昇の兆しを見せた中、どの通貨がトップを走ろうとしているのかは? 始まりのエネルギーというものは、何か今後の雛形のようなものを見せている気がしますので本日の上昇の高かった3つを取り上げます。 そして、いま最大手の仮想通貨のトレードの場所、BYBITで、24時間の変動率の高いもの順に並べてみました。 すると、SLPUSDT 36.6% TLMUSDT 15.30% THETAUSD 17.67% となっていました。この3つは群を抜いていました。 上位2つはゲームです。ゲーム内で儲けたコインをお金に変える事ができます。 1番目はフィリピンでは、年収が50万の為、月に3万程度でもかなりの月収となるようで、フィリピンで.

【リップル】XRPをファンダメンタルズからトレード分析

リップル(XRP)のFXトレード戦略はファンダメンタルズ分析が重要。その理由は…

アルトコイン

リップルにはレバレッジ取引があるので、ロングの他にショート(空売り)から入れるというのが大きな特徴ですね。
XRPのレバレッジトレードには実は ビットコインFXよりも勝ちやすい美味しいタイミング、収穫時期がある と言われています。
リップルはファンダメンタルズ要素だけで、チャートをあまり見ないで勝つことが可能です。チャート以外の情報戦が重要になってきます。

リップルの大きな値動きのきっかけはファンダメンタルズ

アルトコインの価格はビットコイン以上に、ニュース(ファンダメンタルズ)やイベントに大きく影響されます。
ファンダメンタルズ(ファンダ)とは、「経済活動の状況を示す基礎的な要因」と訳されます。

リップル社関連の価格操作があることが前提

リップルショック勃発!SECに訴訟されショートチャンスに

XRPが証券に該当するという訴状が主

  • リップル社と役員はXRPの販売で720億円以上の利益を得ていた。
  • XRP上場のために、2017〜2018年の間、10社以上の取引所に上場手数料を支払っていた。
  • Larsen氏および妻がXRPの販売で約470億円の利益を手に入れた。

リップルショック勃発

これをうけ、各国の大手取引所がXRPの上場を停止する事態となり、XRP価格は大暴落。

リップルが作為的に暴騰・暴落した例

過去リップルが突如二日間で60%以上の暴騰をした話

リップルチャート


ビットコインをはじめ多くのアルトコインが引っ張られるように価格上昇し、市場全体が活気づきましたが、2018年9月のリップルの値動きは圧倒的でした。

FXで初心者におすすめの口座10選!比較ポイントや注意点、よくあるQ&Aを紹介

読者

  • 口座を選ぶ際はスプレッドや最低取引単位などを比較する
  • 用途に合わせて2〜3口座開設するのがおすすめ
  • 口座開設後は高レバレッジ取引などに注意する
  • 必要書類など準備しておけば最短即日取引も可能

FXで初心者におすすめの口座10選

  • 1.外為どっとコム
  • 2.仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 ヒロセ通商(LION FX)
  • 3.SBI FXトレード
  • 4.GMOクリック証券(FXネオ)
  • 5.DMM FX
  • 6.みんなのFX
  • 7.LINE FX
  • 8.仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 外為オンライン
  • 9.松井証券(MATUSI FX)
  • 10.auカブコムFX

1.外為どっとコム

  • 低コストで取引できる
  • 少額資金で始められる
  • 情報量が豊富

仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
※2022年4月時点
スワップポイント(1万通貨あたり) 米ドル/円:買15円、売−40円
ユーロ/円:買−23円、売3円
ポンド/円:買30円、売−50円
※2022年4月1日時点
最低取引単位 1,000通貨
通貨ペア 30通貨ペア
口座開設期間 最短即日

2.ヒロセ通商(LION FX)

  • 通貨ペアが51種類
  • 約定力が高い
  • 1,000通貨から取引可能

仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:1.0銭
※2022年4月時点
スワップポイント(1万通貨あたり) 米ドル/円:買2円、売−83円
ユーロ/円:買−60円、売0円
ポンド/円:買1円、売−90円
※2022年4月1日時点
最低取引単位 1,000通貨
通貨ペア 51通貨ペア
口座開設期間 最短即日

3.SBI FXトレード

  • 1通貨から取引可能
  • スプレッドが狭い
  • 積立FXができる

仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析
スプレッド 米ドル/円:0.19銭
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:0.9銭
スワップポイント(1万通貨あたり)米ドル/円:買15円、売−19円
ユーロ/円:買−9円、売4円
ポンド/円:買30円、売−35円
※2022年4月1日時点
最低取引単位 1通貨
通貨ペア 34通貨ペア
口座開設期間 最短即日

※スプレッドは2022年2月分実績値
※SBI FXトレード公式サイトより
※実際とは異なる場合があります。

4.GMOクリック証券(FXネオ)

  • 低コストで取引できる
  • 取引ツールが充実している
  • 東証一部上場企業グループが運営

仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
※2022年4月時点
スワップポイント(1万通貨あたり) 米ドル/円:買28円、売−31円
ユーロ/円:買−4円、売1円
ポンド/円:買37円、売−40円
※2022年4月1日時点
最低取引単位 1万通貨
通貨ペア20通貨ペア
口座開設期間 最短即日

5.DMM FX

  • 独自のポイントプログラム
  • 低コストで取引可能
  • 使い勝手のよい取引ツール

LINEで手軽に問い合わせができるため、初心者の方も安心です。「スマホアプリ DMM FX」は高機能でありながら直感的な操作ができます。

仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭 仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析
ポンド/円:1.0銭
※2022年4月時点
スワップポイント(1万通貨あたり) 米ドル/円:買21円、売−24円
ユーロ/円:買−7円、売4円
ポンド/円:買49円、売−52円
※2022年4月1日時点
最低取引単位 1万通貨
通貨ペア 21通貨ペア
口座開設期間 最短即日

6.みんなのFX

  • 1,000通貨から取引可能
  • 約定力が高い
  • 低コストで取引できる

スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:0.8銭
※2022年4月時点
スワップポイント(1万通貨あたり) 米ドル/円:買15円、売−18円
ユーロ/円:買−2円、売0円
ポンド/円:買40円、売−43円
※2022年4月1日時点
最低取引単位 1,000万通貨
通貨ペア 29通貨ペア
口座開設期間 最短即日

7.LINE FX

  • スプレッドが狭い
  • 重要なニュースをLINEで通知
  • 1,000通貨から取引可能

LINE FXは、スプレッドが狭く取引コストが安いのが特徴です。パソコンツール「LINE FX Pro」とスマホアプリ「LINE FXアプリ」があり、どちらも高機能でありながら使い勝手がよいのが魅力です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる