Web取引ガイド

FX口座を複数開設するメリットとは

FX口座を複数開設するメリットとは
FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

一般NISA よくあるご質問

一般NISAのロールオーバーの手順を教えてください。

  • ※ ロールオーバーのお申込後のキャンセル、内容変更は受付けておりません。よくご検討のうえお申込みくださいますようお願いいたします。

非課税期間満了となる残高がある場合で、なにも手続きしなかったらどうなりますか?

  • ※ 特定口座をお持ちのお客さまで、一般口座への払出を希望される場合にはお客様サポートセンターへお電話にてご相談ください。
  • 【関連】:お客様サポートセンターの番号を教えてください。
  • 【関連】:NISA口座でロールオーバーを行わず、課税口座に払出された場合の取得価額はいくらになりますか。

NISA枠は120万ですが、120万を超えるロールオーバーはできますか?

【ご注意!】
通常であれば翌年のNISA枠を利用しての買付は翌年の大発会が受渡日となる当年の年末取引分から開始となりますが、ロールオーバーが実施されるのは年末の大納会の取引終了後となります。
翌年のNISA非課税投資枠はロールオーバーが優先されるため、事前に可能額が確定いたしません。
翌年のNISA枠を利用する年末の買付(受渡が翌年)を行った後、ロールオーバーの結果NISA枠に不足が発生した場合には、買付分は課税口座に払い出されます。

非課税運用期間の5年間が終了した場合、NISA口座の株式などはどうなりますか。

NISA口座の非課税期間は5年間です。このため、非課税期間後の投資戦略が複数考えられます。2022年末に非課税期間が終了するのは2018年にNISAで買い付けた株式や投資信託です。
NISA口座の非課税期間は最長5年間となっています。
5年間の非課税期間が終わる際、口座内の金融商品を
①翌年の非課税投資枠を利用してロールオーバーする、②課税口座へ移す、③売却する、の何れかを選択します。

①の翌年の非課税投資枠を利用してロールオーバーするを選択される場合、非課税期間終了時点に値上がりし、時価評価が120万円を超過しても翌年の非課税枠に全額移すことができます。
ただしロールオーバーした金額が120万円以上の場合、非課税投資枠を使い切ることになりますので、NISA口座での新たな投資はできません。
なお、ロールオーバー後の取得価額は前年の大納会の終値に変わります。

証券口座を複数持つメリットと注意点、会社の選び方・使い分け方も

SBI証券

株手数料が1日100万円まで無料!早朝・深夜も取引可、Tポイントで投信が買える、ロボアドも

ファンディーノ

株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

株式投資の最新ニュース

  • 2022/5/26JPモルガン22年1~3月期、42%減益。ウクライナ侵攻で660億円の損失
  • 2022/5/26米マクドナルド、ロシア事業を地元オーナーに売却へ。損失最大1,800億円
  • FX口座を複数開設するメリットとは
  • 2022/5/262022.5.26 マーケットレポート【FOMC議事録は予想通りの展開】
  • 2022/5/25シュローダー、「米国経済は景気後退に陥る可能性高い」と指摘。背景にある3つの理由とは
  • 2022/5/2520代~70代の約25%が金融資産の50%を投資・運用も、約30%は貯蓄が100%。二極化広がる

株式投資の人気コラム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる