取引のメリット

投資を始めるメリットが明らかに

投資を始めるメリットが明らかに
ここまでの調査で、太陽光発電投資は長期的な収入や安定した収益が得られることに、メリットを感じている方がいることが分かりました。
では、太陽光発電投資の維持管理費についてはどのように考えているのでしょうか?

6割以上の方が投資メリットがリスクを上回ると回答!改正FIT法に関する投資家の本音が明らかに

先程の調査の結果、太陽光発電投資以外だと株式や預貯金、投資信託などが人気を集めていることが分かりました。
では、太陽光発電投資のメリットとは一体何なのでしょうか?

そこで、「太陽光発電投資で最も大きなメリットを感じるのはどれですか?」と質問したところ、『住宅用(低圧連系)で節税(30.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『高圧連系&FIT買取(27.7%)』『地球温暖化対策(25.6%)』『ソーラーシェアリング(農業も営める)(7.8%)』『クラウドファンディング(少額からでも始められる)(7.2%)』と続きました。

■太陽光発電投資の良い所とは?
・コストパフォーマンスがいい(男性/30代/東京都)
・電気代金の節約と地球温暖化防止のため(男性/40代/北海道) 投資を始めるメリットが明らかに
・20年の売買があり長期で売電が見込める(女性/50代/群馬県)
・収益が安定している(男性/50代/宮崎県)

■太陽光発電のメリット(リターン)を増やす方法とは?
・高圧連系にしてコスト削減することで利回りを高くする(男性/30代/京都府)
・蓄電池を設置して電気を賄える(女性/40代/大阪府)
・高く買い取ってくれる業者を見つける(男性/40代/兵庫県)
・より太陽光パネルを増やし利回りを上げる(男性/50代/埼玉県)


2017年4月1日、改正FIT法が施行!発電設備の保守メンテナンス義務化をどう思う?

ここまでの調査で、太陽光発電投資は長期的な収入や安定した収益が得られることに、メリットを感じている方がいることが分かりました。
では、太陽光発電投資の維持管理費についてはどのように考えているのでしょうか?

そこで、「太陽光発電投資に必要な維持管理費(突発的な自然災害などを除く)をリスクだと感じますか?」と質問したところ、8割以上が『とても大きなリスクを感じる(26.2%)』『ややリスクを感じる(60.0%)』と回答しました。

『とても大きなリスクを感じる』『ややリスクを感じる』と回答した方に、「太陽光発電投資に必要な維持管理費(突発的な自然災害などを除く)でリスクを感じるのはどれですか?(上位3つ迄)」と質問したところ、『パネルの交換(修理)費用
(43.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『パワーコンディショナーの交換代(40.8%)』『定期点検代(39.0%)』『パワーコンディショナーの電気代(28.7%)』『パネルの清掃費用(19.7%)』と続きました。

■太陽光発電投資の維持管理費に関する意見
・必要だが最低限に削りたい(女性/20代/大阪府)
・長期的なリターンを考えてある程度の設備投資は必要(女性/40代/東京都)
・精密機械なのでコストがかかるのは仕方がない(男性/40代/兵庫県)
・品質にこだわりつつ良い妥協点を探す(男性/50代/秋田県)


他の投資よりもリスクは小さい?メリット>リスクだと思う?

ここまでの調査の結果、太陽光発電投資にかかる維持管理費用に、8割以上の方がリスクを感じていることが分かりました。
では、他の投資と比べて、太陽光発電投資のリスクをどのように見ているのでしょうか?

そこで、「他の投資と太陽光発電投資を比べると、どちらの方がリスクが低いと思いますか?」と質問したところ、 8割以上の方が『太陽光発電投資(31.3%)』『同じくらい(54.8%)』と回答しました。

そこで、「太陽光発電投資のメリット(リターン)は、太陽光発電投資のリスクを上回ると思いますか?」と質問したところ、6割以上の方が『大きく上回ると思う(16.6%)』『やや上回ると思う(50.9%)』と続きました。

■メリットがリスクを上回る理由
・買取制度がある(女性/20代/埼玉県)
・天候などの勘案すべきリスクが少ない(男性/40代/千葉県)
・収益が安定している(男性/40代/静岡県)
・エネルギーが不要になることはない(男性/40代/愛知県)


【まとめ】太陽光発電投資はリスクよりもメリットが上回る!


産業用太陽光・メガソーラー・中古発電所の日本最大級売却・購入サイト『とくとくファーム』


投資を始めるメリットが明らかに 投資を始めるメリットが明らかに
株式会社 和上ホールディングスが運営する『とくとくファーム』(https://wajo-holdings.jp/farm/)は、再生可能エネルギー投資をワンストップで始めることのできる、新・中古の太陽光発電売買サービスです。
和上ホールディングスグループのこれまでの実績と経験をもとに、お客様のご希望に沿った案件をご提案いたします。
太陽光発電所・用地の売買や賃貸は専門的な手続きの連続なので、スタッフと連携した無償税理士サポートもご用意しております。
また契約後は同グループ内のO&M事業とくとくサービスのアフターフォローおよびメンテナンスまで、一貫したサービスをご提供いたします。

【買いたい方】
★太陽光発電に関する全てのサポートが可能!
ご購入時の銀行紹介、税務のサポート、発電所のメンテナンスまでトータルでサポート。
他社と比較した上で、資産運用のベストパートナーをお選びください。

★経験豊富な専門スタッフによるスピード対応 投資を始めるメリットが明らかに
とくとくファームでは、経験豊富な専門スタッフが多く在籍しています。
最短即日の物件紹介といったスピード対応もお任せください。

【売りたい方】
★即日査定!最短10日で現金化×売却益を残すための強力税務サポート
とくとくファームだからできる、査定専門スタッフによるスピード査定×弊社独自のとくとく査定システムにより、最短即日の明確査定、また、最短10日での現金化が可能です。

★残るお金は、税金対策で全く違う!?
あなたの利益最大化のための税務相談を無料で実施。
あなたの大切な資産を守るベストパートナーを目指しています。


■とくとくファーム:https://wajo-holdings.jp/farm/
■TEL:0120-409-522
■お問い合わせ先:https://wajo-holdings.jp/farm/contact
■株式会社 和上ホールディングス:https://wajo-holdings.jp/


調査概要:「太陽光発電投資のメリット」に関する調査
【調査期間】2022年1月26日(水)~2022年1月27日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,015人
【調査対象】太陽光発電投資の経験者かつその他にも投資をしている方
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

教えて!かけいぼ相談室|保険をかけすぎ? 支出を引き締めるならどこ?

現在、家族5人で公営住宅に住んでいます。家賃が安いので助かっていますが、家族が増えて手狭なため、できるだけ早く引っ越したいと考えています。マイホームの購入を希望していますが、現在の家計状況と貯蓄では無謀ではないかと思ってしまい、なかなか踏み切れません。 車2台(普通車・軽自動車)は夫の仕事と家族の生活のために必要ですが、軽は夫が仕事の移動でも使用するため、ガソリン代が高め。車関係の支出が家計を圧迫しているのも事実です。 現在、私も夫も借金やローンはなし。3人の子どもたちには平等に教育費を用意したいので、積立保険や定期積立を利用しています。毎月の積立3000円は、急な出費があるときに使用。私の臨時収入や小遣いを貯めたお金も10万円ほどありますが、家計簿には計上していません。 夫は親族にがんを経験している人が多く、お守りのつもりでいくつか保険に加入してもらっています。 夫の会社は退職金が無いため、私たち夫婦の老後資金をどう蓄えていけばいいのかも迷っています。ぜひ、よきアドバイスをお願いします。

2022.05.23

教えて!かけいぼ相談室|お金の流れを整理し、貯蓄を増やすには?

はじめまして。学生時代よりこのかけいぼ相談コーナーの大ファンです。今回思い切って、初めて応募させていただきます。 第三子の育休中ですが今月、フルタイムで復帰予定。これまで子どもの育休のたびに、家計について勉強したり見直したりしていますが、思うように貯蓄が増えません。また、予算の計画は立てるものの、口座の整理などがうまくいかずに、お金の流れがはっきりつかめていないことが多いです。 今後は節約もしっかりしていきたいですが、日々の生活に心の余裕がなくなるのは避けたいです。現在の家計の問題点や、これからすっきりとお金の流れを整理するためのアドバイス、そして長いスパンの教育費や老後資金の貯め方へのアドバイスをいただきたいです。 教育費については、長男は学資保険と夫積立預金と児童手当、次男は学資保険と妻つみたてNISAと児童手当、長女は今のところ児童手当のみで貯めています。老後資金は今月から夫婦で月1万2000円ずつiDeCoに加入予定。 また、夫婦ともがん保険に入っていないので加入を検討していますが、必要でしょうか?

2022.05.16

教えて!かけいぼ相談室|老後資金を殖やすには、どう資産運用すべき?

2022.05.09

教えて!かけいぼ相談室|自己流で資産運用。損はないけどより良い方法は?

2022.05.02

教えて!かけいぼ相談室|マイホームを検討中。購入の良いタイミングは?

昨春に出産し、夫と3人暮らし。マイホームを検討していますが、購入の良いタイミングが分かりません。3200万円ほどの新築一戸建てを考えていて、築5年程度の中古も視野に入れて検討中。今の健康に問題はありませんが、夫は糖尿病の多い家系で、団信の加入を考えると、40歳くらいまでの購入がいいのではとも感じます。 夫には離婚歴があり、46歳まで養育費の支払いがあります。私は半年ほど前から夫が休みの日にパートを始め、子どもが3歳になり幼稚園に通うまでは、このペースで働き続けるつもりです。第2子も3年後くらいにほしいと考えています。 一昨年から始めたつみたてNISAは、開始時は3000円で、昨年子どもの学資保険代わりに増額し、昨年からiDeCoも開始しました。しかし早めに家を購入するのなら、これらはいったんストップして、養育費の支払い終了後に再開する方がいいのか迷っています。 夫の生命・医療保険は、今後見直したいと検討中です。家の購入時期と、購入に向けたやりくりにアドバイスを、よろしくお願いします。

2022.04.18

教えて!かけいぼ相談室|子どもの進学に向けて引っ越すなら賃貸? 購入?

シングルマザーで小学6年生の子どもを育てております。今住んでいる場所が交通の便が悪いため、今後子どもが高校進学する際のことを考えて引っ越しを検討しています。その場合、このまま賃貸でいいのか、マンションなどを購入する方がいいのか悩んでいます。 今の住居は家賃は安いのですが、住環境があまり良くないこともあり、遅くても子どもが中学校を卒業するまでには引っ越ししたいです。しかし、もし子どもが県外の大学へ進学することになれば、自分の生活費に加え子どもの生活費まで二重で払う余裕はないので、共に引っ越すことを考えています。もし家を購入していた場合は、賃貸に出せば良いのでしょうか? それとも、自分の年齢的にもローンを組むことは現実的ではないでしょうか? 仕事では、さらなるキャリアアップへの資格取得を目指しています。そのため、あと数年は年間数万円ほどかかってしまいますが、再就職に向けた強みとして活かせるのと、自分自身へのやりがいにもつながっているので、このまま頑張りたいと思っています。なかなか考えがまとめられないのでアドバイスお願いします。

2022.04.11

教えて!かけいぼ相談室|出産後のやりくりと備え方のポイントは?

現在妊娠中で、4月が出産予定。産休、育休でどれくらい収入が減るのか想像できず、不安があります。 現金での貯金はあまりできていませんが、税金や車検などは貯金から出している状態です。預金よりも投資信託へ回すようにしています。子どもが生まれたら、 児童手当は貯金しておきたいと思っています。 外食費を2万円としていますが、全くしない月や外食が増える月もあるので、繰り越していくようにしています。 子どもが生まれたら、どの出費が増えるのか、どこを減らすべきなのかイメージがわかないので、アドバイスをお願いします。

2022.04.04

教えて!かけいぼ相談室|住宅ローンを返しながら、貯蓄を増やすには?

夫・長男との3人家族。私は現在育休中です。 6月に職場復帰予定で、長男の保育料が月3万5000円ほどかかる予定ですが、私の給与は時短勤務のため14万円程度に減ります。夫は転勤があり、勤務地次第で通勤手当2万5000円が減る可能性も。 携帯電話を格安スマホに乗り換え、料金は2台で4000円程度になったものの、機種代を含めると計1万円。6月には機種代の支払いが終わります。

貯金500万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?

貯金500万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?

コラム

貯金500万円ある人は資産運用をしよう

貯金が500万円でそろそろ資産運用を意識し始める人は多いのではないでしょうか。資産運用は生活資金を除いた余剰資金で行うべきですが、貯金が500万円あれば生活資金を除いても資産運用に回せるお金ができます。

貯金500万円での資産運用シミュレーション

投資を始めるメリットが明らかに
利回り 1年後 3年後 5年後 10年後 20年後
1% 505万円 515万円 526万円 552万円 610万円
3% 515万円 546万円 580万円 672万円 903万円
5% 525万円 579万円 638万円 814万円 1,327万円
10% 550万円 666万円 805万円 1,297万円 3,364万円

500万円を3%で20年運用すると903万円になります。1年後の資産は515万円と年間15万円しか増えませんが、複利運用すると20年後の資産は903万円になり、年間で30万円弱も増える計算になります。

貯金500万円を運用する際の4つのポイント

貯金500万円を運用する際の4つのポイント

早めに運用を始めて複利効果を狙う

先ほどのシミュレーションでも明らかになったように、早めに運用を始めれば複利効果が大きくなり、資産を大きく増やせる可能性が高まります。若いうちから資産運用を始めておくと、まとまったお金が必要になる中高年になったときに役立つでしょう。

必ず余剰資金で運用する

資産運用は必ず余剰資金で行うことが必要です。貯金500万円を全て資産運用に回すと、損失が発生したときに生活に支障が出る恐れがあります。あらゆる資産運用には元本割れを起こすリスクがあるので、損失が発生する可能性があることも知っておきましょう。

分散投資か集中投資かを考える

貯金500万円で資産運用をする際は、分散投資と集中投資のどちらで運用するかを考えましょう。資産運用では基本的には分散投資すべきですが、運用資金が500万円の場合は集中投資の方が適している場合があります。

資産運用で分散投資が原則と言える理由は、複数の金融商品に投資することでリスクを分散できるからです。500万円という資金を減らしたくないと考えている方にはおすすめの手法です。

一方で、500万円という資産を元手に短期的に大きな利益を目標にしたい方は、集中投資も検討すると良いでしょう。500万円という金額は、資産運用の資金としてはそこまで大きくないこともあり、分散投資する意味合いはあまりないと考える方もいます。

運用しながら投資知識を学ぶ

これから500万円で資産運用を始めてみようと考えている方は、運用しながら投資知識を学ぶ姿勢が大切です。

ただし、資産運用の初心者は運用に失敗してしまうことも多いので、まずは少額から運用してみて、失敗を糧に学び続けるのが良いでしょう。成功体験を重ねて自信がついてきたら、徐々に投資資金を増やしていきましょう。

投資を始めるメリットが明らかに 投資を始めるメリットが明らかに
運用金額 詳細説明ページ
1,000万円 貯金1,000万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?
2,000万円 貯金2,000万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?
3,000万円 貯金3,000万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?
4,000万円 貯金4,000万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?
5,000万円 貯金5,000万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?
6,000万円 貯金6,000万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?
7,000万円 貯金7,000万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?
8,000万円 貯金8,000万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?
1億円 貯金1億円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?
2億円 貯金2億円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?
3億円 貯金3億円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?
5億円 貯金5億円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?
10億円 貯金10億円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?

貯金500万円の資産運用|ポートフォリオの組み方例

貯金500万円の資産運用におけるポートフォリオの組み方の例として、株式:20%、国債:20%、J-REIT:20%、投資信託:40%というポートフォリオが考えられます。ここからは、このポートフォリオにおける分散投資の対象となる金融商品を紹介します。

株式投資は企業が発行する株式を購入して保有し、配当金や売却益が利益になる資産運用の手法です。株式投資の平均利回りは3~7%で、インカムゲインとキャピタルゲインの両方の利益が期待できることがメリットです。

なお、日本の国債は元本割れのリスクが低く、安全性が高いことがメリットです。一方で、新興国の国債は高利回りであり、資産を大きく増やせる可能性があります。

J-REIT(不動産投資信託)

J-REITのメリットは、少額で不動産投資ができることや、不動産投資よりも早く現金化が図れることです。注意点として、運営法人が倒産すると上場廃止になり、大きな損失が発生する恐れがあることもあります。

投資信託は投資家から資金を集め、集めた資金をファンドマネージャーが運用する金融商品です。利益が出たら投資家に分配される仕組みです。運用を担当するファンドマネージャーは投資のプロであり、初心者が運用するよりも高いパフォーマンスが期待できます。

500万円よりもまとまった金額の運用を検討している方は?

そのような方は、ぜひヘッジファンドダイレクトにご相談ください。ヘッジファンドダイレクトでは、運用実績が豊富な海外のヘッジファンドを紹介しているので、1,000万円以上で高利回りを狙った資産運用がしたいあなたの投資をサポートします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる