国内バイナリーオプション

株式取引の5つの注文タイプとは

株式取引の5つの注文タイプとは

株式取引の5つの注文タイプとは

印紙税が課税されるのは、印紙税法で定められた課税文書に限られています。この課税文書とは、次の3つのすべてに当てはまる文書をいいます。 (1)印紙税法別表第1(課税物件表)に掲げられている20種類の文書により証されるべき事項(課税事項)が記載されていること。
(2)当事者の間において課税事項を証明する目的で作成された文書であること。
(3)印紙税法第5条(非課税文書)の規定により印紙税を課税しないこととされている非課税文書でないこと。 引用元:No.7100 課税文書に該当するかどうかの判断|国税庁

3.法律的観点から電子契約導入時に留意しておくべきこと

法律的観点から電子契約導入時に留意しておくべきこと

①電子契約の証拠力・有効性

株式取引の5つの注文タイプとは
従来の紙での契約 電子契約
(BtoBプラットフォーム 契約書)
形式 紙の書面 電子データ(PDF)
印紙 必要 不要
押印 印鑑 電子署名(印影登録可能)
送付 印刷→封入→郵送 プラットフォーム上で送信
保管 バインダー・倉庫 プラットフォーム上
証拠力

(1)電子署名とタイムスタンプによる適法性

署名・タイムスタンプの付与イメージ

※タイムスタンプ(デジタルタイムスタンプ)とは、電子データがある時刻に確実に存在していたことを証明する技術です。タイムスタンプには文書が作成された時刻と文書の内容が含まれており、タイムスタンプをチェックすることで文書が改ざんされたかどうかを確認できます。
参照:タイムスタンプとは?|総務省 国民のための情報セキュリティサイト

(2)書面交付が必要な契約もある

(3)建設業界への摘要性

②取引先も含む電子帳簿保存法への対応

電子帳簿保存法第10条、同施行規則第3条・第8条が定める契約文書の電子保存可能要件 ①タイムスタンプ付与or改変や削除を防止できる規則のもとで保管
②ディスプレイ表示及びプリンタ印刷がすぐにできること
③システム概要書類の備え置き
④取引年月日、勘定科目、金額その他の必要な記録項目で検索できること
※勘定科目はその他日付に置き換え可能です
※範囲や2つ以上の項目の組み合わせによる検索が可能であること

【初心者必見】株の買い方とその手順

プロフィール:
中田FP事務所 代表/CFP®認定者/終活アドバイザー/NPO法人ら・し・さ 正会員/株式会社ユーキャン ファイナンシャルプランナー(FP)講座 講師/元システムエンジニア・プログラマー
給与明細は「手取り額しか見ない」普通のサラリーマンだったが、お金の知識のなさに漠然とした不安を感じたことから、CFP®資格を取得。
現在、終活・介護・高齢期の生活資金の準備や使い方のテーマを中心に、個別相談、セミナー講師、執筆などで活動中。

auじぶん銀行からの商品・サービスのご案内

100円から投資をはじめよう

auカブコム証券

人気記事ランキング

  1. 1 株式取引の5つの注文タイプとは インフレとは何のこと?インフレのメリット・デメリット
  2. 2 ローン返済額みんなの平均はいくら?「住宅購入とお金」全国実態調査
  3. 3 利回り、金利、利子、利息。違いは分かる?
  4. 4 リボ払いは損?仕組みと手数料の計算方法を解説
  5. 5 1日4回のチャンスを狙う!為替が動きやすい時間帯とは

関東、関西在住 小中学生の子どもを持つ親に調査!教育・受験とお金事情
(執筆者:auじぶん銀行)

【初心者必見】株式投資の配当金の仕組みと受取方法について
(執筆者:中田 真(ファイナンシャルプランナー))

米国における新しい株式取引所の開設

2020年9月、米国で株式現物を取引する3つの新しい証券取引所が、相次いで取引を開始した。9月9日はロングターム証券取引所(LTSE)が、9月21日にはメンバーズ取引所(MEMX)が、9月29日はマイアミ証券取引所(MIAX)グループのMIAXパール(Pearl)が、それぞれ株式現物の取引を開始し、米国の株式取引所の総数は16となった。 これまで米国には株式現物を取引する証券取引所が13存在した(図表1)。ニューヨーク証券取引所(NYSE)、ナスダック証券取引所の2大取引所のほか、ボストン(ナスダックBX)、フィラデルフィア(ナスダックPHLX)といったかつての地方取引所やNYSEアーカ(旧アーキペラゴ)や旧BATSのBYX、BZXのように1990年代後半ECN(electronic communications network)と呼ばれる代替取引システム(ATS)としてスタートし、後に取引所へと転換したものなどである。2016年に取引所に転換したIEXを除く12取引所は、NYSEの属するICE(インターコンチネンタル取引所)グループ、ナスダック・グループ、BATSを取り込んだCBOEグループのいずれかの傘下にある。

①LTSE

長期保有株主を議決権の側面で優遇するという考え方に対しては、長期的視点に立った企業経営を可能にするという賛成論の一方で、株主平等原則に反するという反対論も根強い。経営の短期志向化への懸念には共感する投資家もアルファベット(グーグル)など一部のIT企業が採用している創業者等への複数議決権株式の付与や tenure voting といった仕組みに対しては、必ずしも賛同していない。

結局、SECによる承認を受けたLTSEの上場規則には tenure voting の採用を上場要件とするという内容は盛り込まれなかった。とはいえLTSEは、長期志向の企業は長期志向の投資家とのエンゲージメント(建設的な対話)を行うべきだなど、5項目から成る「原則(Principles)」を策定しており(図表2)、自市場でIPO(株式新規公開)を行う企業に対しては、それらの原則それぞれについて企業としての対応方針を公表することを義務付けるとしている。

株式取引の5つの注文タイプとは

1 銘柄セレクター

2 市況情報

市況:現在値、売買代金など基本的な市況情報を表示しています。
歩み値:選択した銘柄の歩み値を見ることができます。
四季報:四季報の情報である「企業情報」、「業績」、「財務」を見ることができます。

3 板発注

  • 気配の表示本数が多いと、フル板表示に時間がかかる場合があります。

4 画面切替え機能を搭載!

武蔵で発注するには

STEP1 発注したい銘柄を選択する

STEP2 取引の種類を選択する

STEP3 株式取引の5つの注文タイプとは 注文内容を入力する

1 ドックは、ドラッグ&ドロップで注文する株数を選択することができます。

ドックの一番上にあるボックスには、任意の株数を自由に入力することができます。また、上下ボタンで株数を変更することもできます。
「クリア」ボタンをクリックすると、ボックスに入力した株数を消去することができます。
「全数量」ボタンをクリックすると、現物取引、信用取引の各注文区分それぞれの全数量が自動で入力されます。

証憑とは?証憑書類の4つの種類と証憑書類の保存期間|証憑の使い方も紹介

株式取引の5つの注文タイプとは 証憑書類とは、契約書や納品書など、何らかの取引があったことを証明する書類のことです。 たとえば、家庭でいえば家計簿をつけるためのレシートや通帳などが証憑書類にあたります。企業では契約書や納品書です。企業が行う取引は、モノの売買から社員への給与支払いなど多岐にわたります。うろ覚えや勘違いがあっては企業経営が成り立ちません。そのため、取引について正確に記した書類を作成する必要があり、その書類を証憑書類といいます。証憑は主に金銭にかかわることなので、一般的に経理部や会計担当が取り扱います。しかし、証憑には人事異動に関する書類なども含まれるため、人事部やその他の部署が扱うこともあります。

証憑の読み方

証憑は、「しょうひょう」と読みます。 商標や証票と間違えないようにしましょう。あまり聞き馴染みのない言葉ですが、経理や会計でよく使われています。たとえば、「取引の証憑として契約書を交わした」、「証憑の管理について研修を行った」という文脈で使われます。犯罪の資料という意味で使われることも稀にありますが、一般的に証憑といえば取引の証拠である書類などを指すことが多いでしょう。

証憑書類の種類4つ

証憑書類には、大きく分けて4つの種類があります。 売上にかかわるもの、仕入れ・モノにかかわるもの、ヒト・給与にかかわるもの、その他企業の経営にかかわるものです。 売上にかかわるもの、仕入れ・モノにかかわるものは、企業の取引を証明する書類なので、特に扱いには注意が必要です。ヒト・給与にかかわるものは、給与や人事異動などの勤務する人に関係する書類です。これら以外にも、企業の取引を証明する書類はすべて証憑書類となります。

証憑書類の種類1:売上にかかわるもの

証憑書類の1つ目は、売上にかかわるものです。 売上にかかわる証憑書類には、取引の内容を証明する契約書、売買代金を証明する請求書、支払われたことを証明する領収書などがあります。これらの証憑書類の扱いがきちんとしていなければ、企業の経営自体が危うくなってしまいます。そのため、間違いや紛失がないように管理しなければいけません。

証憑書類の種類2:商品の仕入れなどにかかわるもの

株式取引の5つの注文タイプとは 証憑書類の2つ目は、商品の仕入れなどにかかわるものです。 たとえば、「どこの会社に何をどれだけ注文した」という証拠になる発注書、「注文を受けた商品をきちんと納めた」という証拠になる納品書などが該当します。他にはレシートやATMの利用明細書も含まれます。大量の在庫を抱える企業においては、倉庫の中身を逐一数え上げて管理することは不可能です。そのため、発注書や納品書をもとに在庫の管理を行っています。証憑書類はこうした場合にも使われます。

証憑書類の種類3:従業員に支払う給与などにかかわるもの

証憑書類の3つ目は、従業員に支払う給与などにかかわるものです。 たとえば、「誰にいくら給与を支払った」という給与支払明細書や、人事異動の通知なども証憑書類に該当します。雇用契約に含まれる勤務時間や、出勤日管理に必要なタイムカード・出勤簿も証憑書類として扱われます。

証憑書類の種類4:その他の通帳や賃貸借契約票など

証憑書類の4つ目は、上記3つに含まれない企業経営にかかわる書類です。 たとえば、個人で仕事をしているのであれば、口座の通帳やクレジットカードの利用明細書も証憑書類の一部です。事業所を借りている場合は、その賃貸借契約書も証憑書類となり、また、銀行から融資を受けている場合は返済予定表も該当します。経営にかかわる書類は証憑書綴などで種類別に分類して保管しておくことを心がけましょう。

証憑書類の保存期間とは?

証憑書類の保存期間は、おおむね7年です。 証憑書類の保存期間は、書類を扱う法律によって10年・7年・5年と異なります。たとえば、会社法で定められている貸借対照表や株式に関する書類は10年保存ですし、電子帳簿保存法では領収書や見積書の保管期間は7年となっています。分かりやすく分類してファイリングし、常に整頓しておくことも大切です。

証憑の使い方

証憑は、「事実を証明するエビデンスになるもの」というニュアンスがあるため、たんに「証拠」というよりも説得力を持たせたいときに「証憑」を使うとよいでしょう。 また、企業の取引に関する書類については、「証拠」や「証拠の書類」ではなく「証憑」といった方が伝わりやすいです。

証憑の使い方の例文1つ目は、「納入された機器が正常である証憑として、検収書を発行した。」です。 この例文は、指定場所に納入された機器を正常であると確認し、お互いに了承したという証拠として、検収書を発行したという意味になります。なお、検収書とは、取引によって納められたモノや設備等について検査を行い、問題がないことを確認した証拠として発行する書類です。たとえば、壊れやすい商品を納品した後に破損が発覚した場合、検収書を取り交わしていれば納品時には壊れていなかったことが証明できます。

証憑の使い方の例文の2つ目は、「証憑とは、経理を処理する過程の証憑性を担保する書類のことである。」です。 経理を処理するうえでの証憑性の担保とは、取引が行われた証跡が確実にあることを保証したり、取引の効力を保証したりできるということです。つまり、経理の手続きを行う上で信頼のおける証拠になるものであるという意味です。

証憑書類は会社の信頼・業務の効率化にも関係する

証憑書類は、会社の信頼や業務の効率化にも関係する重要なものです。 証憑書類が整っていない企業は取引相手から信頼されないだけでなく、企業自体の経営も非効率的になってしまいます。証憑書類は企業の根幹を支えるものという意識をもち、慎重に管理するようにしましょう。財務会計のシステムやソリューションについて知りたい方は、Workvisionのページを参考にしてみてください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる