オルタナティブ投資

FX用語集

FX用語集
キングさん

トライオートFX用語集

有効比率が下がってきている旨のアナウンスです。有効比率が120%以下の場合、お客様のご登録のメールアドレスへ警告として 「アラートメール」をお送りします。
有効比率が低下していることの注意喚起となるので、口座状況を確認し、必要に応じて資金の追加入金や建玉の決済等をご検討ください。
※有効比率の監視は一定時間毎に行われるため、急激な相場変動時には120%を大きく割り込んでメールが送信されたり、メール受信時に既にロスカットが執行されている場合があります。
※アラートメール送信前にロスカットされるとアラートメールは送信されません。また、お客様のメール受信設定によってはアラートメールが届かない場合があります。

トライオートFX、自動売買セレクトのプログラムの一つです。 レンジ帯を2つに分け、中心のコアレンジで細かく売買し、サブレンジでは大きな利幅で取引を行います。 サブレンジでは、価格の戻りを想定した取引をするようデザインされています。 損切りは設定していません。

通貨ペア(FX)や銘柄(ETF)と自動売買プログラムの組み合わせを収益率などから選んで、発注数を決めれば、自動売買取引ができるインヴァスト証券のオリジナルツールです。 ETFとFXを同じシミュレーター上で組み合わせて確認し、トライオートFX口座とトライオートETF口座でそれぞれ稼動(発注)することができます。 ランキングから自動売買を選ぶだけのカンタン設定で自動売買を体験できます。

自動売買セレクトを運用するための目安の金額です。
必要証拠金×倍率(※1)×数量×注文本数(※2)に期間最大ドローダウンを加算し算出します。
※1 過去の前日終値から当日始値の最大下落幅に基づき、リスクを加味して算出した倍率。
※2 トライオートFXは売注文と買注文を比較し、多い方の本数のみカウント。

FX取引では常に「売り値(BID)」と「買い値(ASK)」の2つの価格を提示しています。 売り値(BID)と買値(ASK)には差があり、この2つの価格の差をスプレッドと呼びます。 スプレッドが狭いほど小さな値動きで利益確定のチャンスがあります。

トライオートFX、自動売買セレクトのプログラムの一つです。 高金利通貨の値動きにフィットするようデザインされており、利幅よりもカウンター値を大きくすることで徐々に買い下がる取引を行います。スワップポイントを得ながら、短期の反発を狙う設計です。 FX用語集 損切りは設定していません。

自動売買セレクトの発注単位です。 自動売買セレクトは、複数の自動売買注文で1セットとなっています。 セットに含まれる自動売買注文数や発注数量の詳細はシミュレーション結果画面やカート画面の注文設定にて確認できます。

トライオートFX、自動売買セレクトのプログラムの一つです。 想定レンジの中央値より上半分では「売り」、下半分では「買い」だけの取引をするようなデザインとなっています。 損切りは設定していません。

有効比率が下がってきている旨のアナウンスです。有効比率が150%以下の場合、お客様のご登録のメールアドレスへ最初の警告として 「プレアラートメール」をお送りします。
有効比率が低下していることの注意喚起となるので、口座状況を確認し、必要に応じて資金の追加入金や建玉の決済等をご検討ください。
※有効比率の監視は一定時間毎に行われるため、急激な相場変動時には150%を大きく割り込んでメールが送信されたり、メール受信時に既にロスカットが執行されている場合があります。
※プレアラートメール送信前にロスカットされるとプレアラートメールは送信されません。また、お客様のメール受信設定によってはプレアラートメールが届かない場合があります。

一定基準以上の損失が発生した場合に、保有建玉をすべて自動的に決済する強制決済のルールです。 有効比率によって判定いたします。 ※有効比率=有効証拠金÷必要証拠金×100 ※ロスカット判定は、一定時間毎のため、必ず定められた有効比率で執行されるとは限りません。相場の急激な変動により、お預かりした証拠金以上の損失が発生する場合もありますのでご注意ください。

新規・決済を指定せずに発注する注文方式です。 発注時に同一通貨ペアの建玉がない又は同一通貨ペアで売買が同じ建玉がある場合は自動的に新規注文となり、同一通貨ペアの建玉で売買が逆の建玉がある場合には決済注文となります。 決済注文となった場合は約定日時が古い建玉から順番に決済となります。 また、決済注文となる場合でも発注数量が建玉以上の場合は新規注文となります。

商品の費用・リスクについて
当社ホームページに記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。
当社は各商品の有効証拠金比率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、お取引には預託すべき証拠金以上の取引が可能なため急激な相場変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生する場合があります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」および「取引説明書」等をよくお読みいただき、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引を行ってください。

商号等/インヴァスト証券株式会社 金融商品取引業者 FX用語集 登録番号/関東財務局長(金商)第26号
加入協会/ 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会
当サイトは投資判断の参考となる情報の提供を目的としておりますが、投資の際の最終決定はご自身の責任と判断でなされるようお願いいたします。
当サイトは当社が信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。

All Rights Reserved,Copyright(C)INVAST Securities Co.,Ltd.

FX用語集【完全保存版】|初心者が最初に覚えたい重要語句をかんたん解説

FX用語集_サムネイル

キングさん

クイーンさん

ジャック先生

ジャック先生

マネーRで人気のFX業者TOP3!
FX業者 公式 特徴
第1位:DMM FX DMMFX ●取引ツールが充実!
●スマホからでも本格トレードができる!
第2位:SBI FXトレード SBIFX ●大手企業運営で安定、安心!
●主要通貨のスプレッドが狭い!
●最低1円の証拠金から始められる!
第3位:トライオートFX トライオート_ロゴ ●設定が簡単な自動売買機能!
●初心者でも使いやすい!
●万全のサポート体勢!

【初心者向け】FX用語集索引

ジャック先生

ジャック先生

FX用語集
アルファベット
ASK / OFFER(アスク / オファー)
BID(ビッド)
DD方式(ディーディーほうしき)
IFD注文(イフダンちゅうもん)
Lot(ロット)
NDD方式(エヌディーディーほうしき)
OCO注文(オーシーオーちゅうもん)
pips(ピップス)

解説付き!FX用語集

あ行のFX用語

ASK / OFFER(アスク / オファー)

対義語:BID

注文を新しく出すタイミングで、その注文が成立(約定)することで有効になる決済注文を設定できる注文です。

利食い損切りのために使われます。

FX用語集IFDONE

銀行のみが参加できる取引市場のことで、銀行間取引とも呼ばれます。

受渡日 / 決済日(うけわたしび / けっさいび)

売決済 / 転売(うりけっさい / てんばい)

対義語:買決済 / 買戻し

対義語:買ポジション

レジスタンスライン とも呼ばれ、相場の上昇限界に達していると認識されます。

対義語:下値支持線

ノー・ディーリング・ディスクの略で、トレーダーの注文が インターバンク に直結する方式のことです。

対義語:円安

  • 昨日「1ドル = 100円」
  • 今日「1ドル = 90円」

対義語:円高

    FX用語集
  • 昨日「1ドル = 90円」
  • 今日「1ドル = 100円」

FX用語集OCO注文

上昇トレンドの相場が一時的に下がる状態のことです。

上昇トレンド中に、一時的に価格が下がったタイミング(押し目)で買い注文を入れることです。

対義語:戻り売り

対義語:始値

か行のFX用語

買決済 / 買戻し(かいけっさい / かいもどし)

店頭デリバティブ取引に分類されます。

対義語:売ポジション

金融機関がリスクヘッジのために行う取引です。

対義語:指値注文

FX用語集逆指値注文で売る

日本銀行などの中央銀行が、金利を引下げて通貨の供給量を増やす金融政策です。

さ行のFX用語

売買する取引レートを指定する注文方式で、リミット注文とも呼ばれます。

下値支持線とも呼ばれ、相場が下落限界に達していると認識されます。

サポートラインとも呼ばれ、相場が下落限界に達していると認識されます。

対義語:上値抵抗線

証拠金にレバレッジをかけたものが取引できる金額になります。

必要証拠金に対する証拠金全体(時価評価額)の割合のことです。

証拠金維持率が一定値を下回った場合、強制ロスカットが執行されます。

FXいくらから証拠金のイメージ

ほとんどのFX会社(業者)では、証拠金維持率もとにレバレッジが設定されます。

FX用語集
証拠金維持率とレバレッジの対応表
証拠金維持率レバレッジ
2500%1倍
1250%2倍
500%5倍
250%10倍
100%25倍

対義語:ロング

逆指値注文のことです。

  • レートがストップ価格に達して初めて、リミット注文が有効になります。
  • レートがストップ価格に達するまでは、リミット注文は無効の状態です。

FX用語集スプレッド

中央銀行が、一般の銀行(市中銀行)に融資する際の金利のことです。

  • 景気が良いとき:預貯金やローンの金利を上げ、通貨の流通が抑える
  • 景気が悪いとき:金利を下げ、通貨の流通を促進する

た行のFX用語

対義語:安値

  • 売りから取引開始:「売りポジション(の建玉)を持つ」
  • 買いから取引開始:「買いポジション(の建玉)を持つ」
  • DAY(その日限り):注文を出した日の翌6:50(サマータイムは-1h)まで有効
  • GTC(無期限):注文者が取り消すまで有効
  • GTD(日付指定):注文者が指定した翌日の6:50(サマータイムは-1h)まで有効

対義語:NDD方式

チャートの推移を読み解き、今後の値動きを予測する手法です。

な行のFX用語

1ドル/120円 で 10通貨購入した場合

  • 平均コスト:120円
    → 120円以上にならないと利益にならない

1ドル/118円 で 10通貨買い増した場合

  • 平均コスト:120 + FX用語集 118 ÷ 20 = 119円
    → 119円以上になれば利益になる

は行のFX用語

  • 通常時:日本時間午前7時
  • サマータイム:日本時間午前6時

対義語:終値

対円:1pip = 1銭
対ドル: 1pip = 0.0001ドル
対ポンド: 1pip = 0.0001ポンド
対豪ドル: 1pip = 0.0001豪ドル
対NZドル: 1pip = 0.0001NZドル
対スイスフラン: 1pip = 0.0001スイスフラン

FX用語集

FX用語集

OPEC(Organization FX用語集 of the Petroleum Exporting Countries)とは石油輸出国機構と称される中東、アフリカ、南米などの産油国を中心とした組織のこと。本部はオーストリアのウィーンにある。原油価格の決定に大きな影響力を持つ組織。なお、加盟国はイラン、イラク、クウェート、サウジアラビア、ベネズエラ、リビア、アラブ首長国連邦(UAE)、アルジェリア、ナイジェリア、エクアドル、ガボン、アンゴラ、赤道ギニア、コンゴ共和国の15カ国(2020年7月時点)

終値(おわりね)

買いオペ(かいおぺ)

外貨準備(がいかじゅんび)

外貨準備高(がいかじゅんびだか)

外貨建てMMF(マネー・マーケット・ファンド)

外貨両替(がいかりょうがえ)

外国為替市場(がいこくかわせしじょう)

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)

外国通貨建て(がいこくつうかだて)

外国投信(がいこくとうしん)

外為ディーラー(がいためでぃーらー)

買い持ち(かいもち)

買戻し(かいもどし)

カウンターパーティー

カスタマーディーラー

カナダ・ドル

カバー・ディール

カバー先(かばーさき)

空売り(からうり)

為替介入(かわせかいにゅう)

為替差益(かわせさえき)

為替スワップ(かわせすわっぷ)

為替手数料(かわせてすうりょう)

為替変動リスク(かわせへんどうりすく)

カントリーリスク

基軸通貨(きじくつうか)

期末月末要因(きまつげつまつよういん)

逆指値(ぎゃくさしね)

逆ざや(ぎゃくざや)

キャッシュ

キャピタルゲイン

キャピタルロス

キャリートレード

協調介入(きょうちょうかいにゅう)

金融緩和(きんゆうかんわ)

金融引締め(きんゆうひきしめ)

クイック入金(くいっくにゅうきん)

口先介入(くちさきかいにゅう)

グレートブリテンポンド(GBP)

クロス円(くろすえん)

クロス通貨(くろすつうか)

クロス取引(くろすとりひき)

経済指標(けいざいしひょう)

経済成長率(けいざいせいちょうりつ)

経常収支(けいじょうしゅうし)

景気動向指数(けいきどうこうしすう)

決済注文(けっさいちゅうもん)

現物取引(げんぶつとりひき)

原油(げんゆ)

コールオプション

ゴールデンクロス

豪ドル(ごうどる)

固定相場制(こていそうばせい)

5・10日要因(ごとうよういん)

購買力平価(こうばいりょくへいか)

国際復興開発銀行(こくさいふっこうかいはつぎんこう)

国際通貨基金(IMF:International Monetary Fund)

雇用統計(こようとうけい)

サイコロジカル

裁定取引(さいていとりひき)

裁量取引(さいりょうとりひき)

差金決済(さきんけっさい)

指値(さしね)

サポートライン

自己資本規制比率(じこしほんきせいひりつ)

支持線(しじせん)

市場金利(しじょうきんり)

システムトレード

下ヒゲ(したひげ)

実現益(損)(じつげんえき)

実質金利(じっしつきんり)

実需(じつじゅ)

実体(じったい)

資本収支(しほんしゅうし)

主要通貨(しゅようつうか)

順張り(じゅんばり)

ショートカバー

シンガポール・ドル

証券市場(しょうけんしじょう)

証拠金(しょうこきん)

証拠金維持率(しょうこきんいじりつ)

信託保全(しんたくほぜん)

人民元(じんみんげん)

信用取引(しんようとりひき)

スイスフラン

スイングトレード

スターリングポンド

スティープ化(すてぃーぷか)

ストップ注文(すとっぷちゅうもん)

ストップロスオーダー

ストレート通貨(すとれーとつうか)

スプレッド

スリッページ

スワップポイント

政策金利(せいさくきんり)

世界銀行(せかいぎんこう)

センチメント

前引け(ぜんびけ)

ソブリンリスク

損切り(そんぎり)

大統領サイクル(だいとうりょうさいくる)

タイバーツ

ダイバージェンス

ダイレクトディーリング

高値(たかね)

建値(たてね)

建玉数量(たてだますうりょう)

ダブルトップ

ダブルボトム

騙し(だまし)

単独介入(たんどくかいにゅう)

地政学リスク(ちせいがくりすく)

中央銀行(ちゅうおうぎんこう)

注文方法(ちゅうもんほうほう)

注文有効期限(ちゅうもんゆうこうきげん)

チョッピー

長期金利(ちょうききんり)

チャーチスト

調整局面(ちょうせいきょくめん)

2Wayプライス(ツーウェイプライス)

通貨オプション(つうかおぷしょん)

通貨先物取引(つうかさきものとりひき)

通貨単位(つうかたんい)

通貨ペア(つうかぺあ)

抵抗線(ていこうせん)

手仕舞い(てじまい)

デイオーダー

テイクプロフィット

デイトレード

電信売相場(でんしんばいそうば)

ティックチャート

テクニカル(分析)

デッドクロス

デフレーション

デンマーク・クローネ

投機(とうき)

投機筋(とうきすじ)

独歩高(どっぽだか)

取引通貨単位(とりひきつうかたんい)

ドルインデックス

ドルコスト平均法(どるこすとへいきんほう)

トルコリラ

ドルストレート

ドルペッグ

トレール注文

トレジャリー

トレンドフォロー

仲値(なかね)

難平(なんぴん)

ナッシング・ダン

投売り(なげうり)

成行注文(なりゆきちゅうもん)

難平(なんぴん)

日銀金融政策決定会合(にちぎんきんゆうせいさくけっていかいごう)

日銀短観(にちぎんたんかん)

日銀当座預金残(にちぎんとうざよきんざんだか)

日本銀行(にほんぎんこう)

ニュージーランドドル

NY時間(にゅーよーくじかん)

NYクローズ(ニューヨーククローズ)

始値(はじめね)

日計り(ひばかり)

ビットコインFX

pips(ぴっぷす)

評価損益(ひょうかそんえき)

含み益(ふくみえき)

含み損(ふくみぞん)

ファンダメンタルズ

フェイバー

プライスボード

ブラジル・レアル

フラット化(ふらっとか)

踏み上げ(ふみあげ)

プラザ合意(ぷらざごうい)

フラッシュクラッシュ

ブローカー

変動相場制(へんどうそうばせい)

ベアマーケット

米国雇用統計(べいこくこようとうけい)

ヘッジファンド

ベトナム・ドン

ポジション

ポジショントーク

ボラティリティ

ボリンジャーバンド

香港ドル(ほんこんどる)

マークトゥマーケット

マージンコール

マーチンゲール法

マイナーカレンシー

マネーサプライ

マネタリーベース

南アフリカランド

南アフリカ共和国の通貨単位。新興国通貨の一つとして人気があり、スワップ金利狙いの保有が多い。国内の取り扱い会社はFXプライムbyGMO、みんなのFX、ヒロセ通商(Lion FX)、JFX、DMM FXなど。通貨を英語3文字で表したISOコードはZAR。

初心者のための用語集

  • 地政学リスク 見る 閉じる ある特定の国や地域における政治的、軍事的、社会的に不安定な要素の発生を地政学リスクといいます。具体的には軍事的衝突やテロ、暴動の発生、あるいは政変などが当てはまります。こういった事態が発生すればその国の通貨は暴落することになります。かつては「有事のドル買い」などといわれていましたが、国際情勢が不安定になると、比較的安全な円が買われる(=円高の)傾向にあります。
  • チャート 見る 閉じる 株価や為替の値動きをグラフ化したものをチャートといいます。株やFXでは「ローソク足チャート」と呼ばれるグラフがよく使われますので、一定期間の値動きを示すローソク足について説明しましょう(※1日の株価の動きを示す「日足」を例にします)。
    ローソク足の記号である「足型」には、4つの株価が示されます。「始値(はじまりね)」(1日で最初につけた株価)、「高値(たかね)」(その日で最も高い株価)、「安値(やすね)」(その日で最も安い株価)、「終値(おわりね)」(1日の最後につけた株価)です。
    始値より終値が高くなればローソクの「胴体部分」は白(赤)で示し、このローソク足をとくに「陽線」といいます。始値より終値が安くなれば「胴体部分」は黒(青)で示します。このローソク足をとくに「陰線」といいます。見た目で株価が上昇したか、下落したかが分かるようになっています。
    始値と終値を示す「胴体部分」より、高値があれば上に一本線が描かれ(上ヒゲ)、安値があれば下に一本線が描かれます(下ヒゲ)。ヒゲを見ることで値動きを大きさがわかります。
    始値、終値、高値、安値を「四本値(よんほんね)」といい、ローソク足をつくる対象を1日、1週間、1カ月と変えることで値動きの傾向をみることができます。
  • 出来高 見る 閉じる 株の売買が成立した株数を出来高といいます。出来高の推移と株価の動きには、関連性が少なからずあります。投資家からあまり注目されず株価が低迷しているときは、出来高も少ないものです。ところが、何かしら株価に好影響を与えるニュースが出たとき、出来高を伴いながら株価は上昇します。株価がピークに達したとき、出来高もピークに達することも多いのです。
    逆にいえば急増していた出来高が減少に転じたとき、株価も下落に転じることが少なくありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる