外国為替市場

自然界の数を使ったfxのトレード手法

自然界の数を使ったfxのトレード手法
ネックライン

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップ

ゆん

この記事ではフィボナッチリトレースメントを使って利益を出す手法を紹介します。

FX初心者

今回は フィボナッチリトレースメントを使って3ステップで利益を出す手順を紹介します。

フィボナッチリトレースメントとは

①フィボナッチ数列
②リトレースメント

①フィボナッチ数列とは

建築やデザインの現場でも黄金比がよく使われていて、
Apple社のロゴはフィボナッチ数を直径とした円を使っています。

61.8と38.2がどの時間足でも意識される

フィボナッチ数列によって計算された黄金比は1:1.618という比です。

この61.8%と100%から61.8%を引いた38.2%の数値がFXにおいても意識される数値になります。

フィボナッチ38.2

フィボナッチ38.2

↑↑の画像のラインを見てもらうとわかりますが、上の画像のローソク足は、38.2で折り返しています。

フィボナッチ61.8

フィボナッチ61.8

2つ目の画像のチャートは、61.8のところで折り返しているのがわかりますね。

相場の世界なので、必ずその数値までの戻りが入るわけではないですが、61.8と38.2はかなり意識される数値と見ることができます。

②リトレースメントとは

押し目や戻り目を作るというように表現します。

その押し目や戻り目のだいたいの価格帯を測るのが、フィボナッチリトレースメントです。

押し目・戻り目で初心者さんがする失敗例

ローソク足は斜めの直線で上昇したり、下降したりするのではなく、ジグザグと波を作りながら上がったり、下がったりしています。

ローソク足は波を描く

ローソク足は波を描く

長期足だろうが短期足だろうが、ジグザグと波を作ります。

うまい具合に上昇していきましたが、5分足ではトレンド転換を繰り返すので、上がったと思ったら3分の1くらい押したり、半値押しをしたり、そしてまた上がるというようにジグザグしながら上昇していきます。

微益決済を回避するには、エリオット波動を少しでも理解すると、徐々に利益が伸ばせるようになります。

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップ

①エリオット波動の1波が出たら、フィボナッチリトレースメントを使って戻りを待つ

②戻りが61.8あたりまで来たら、切上げ、切り下げラインを引いて、ライン抜けエントリー

③フィボナッチリトレースメントを引いて150.0付近に差し値する。

①エリオット波動の1波が出たら、フィボナッチリトレースメントを使って戻りを待つ

フィボナッチリトレースメントの引き方

フィボ引き方

フィボあて方

小さな 赤枠 にカーソルを合わせると「フィボナッチリトレースメントを作成」と出ます。

fiboあて方説明

fiboあて方説明

黒の①から②に向けてフィボナッチリトレースメントを引きます。

フィボ38.2

フィボ38.2

黒①から黒②をエリオット波動の1波と見て、フィボナッチリトレースメントを引いてみると↑↑上の画像のようになります。

ネックライン

自然界の数を使ったfxのトレード手法 ネックライン

1波の下落をとるのは難しいので、 横ライン(赤) のネックラインや ☆印(赤) の安値を下に抜けたのを確認したら、戻りを待ちます。

②戻りが61.8あたりまで来たら、切上げ、切り下げラインを引いて、ライン抜けエントリー

戻りはなるべく61.8くらいまで待ちます。

そうすると早すぎのエントリーを防ぐことができます。

次の画像のように 切り上げライン(緑色) を引きます。

切り上げライン

切り上げライン

切り上げライン(緑色) を下に抜けたらエントリーです。

③フィボナッチリトレースメントを逆に引いて150.0付近に差し値する。

そうするとローソク足の行き先がほぼわかります。

フィボ150.0

フィボ150.0

①から②にフィボナッチリトレースメントを引いた時は、チャートの下に数値は出てきませんが、 ②から①に引くと、下に数値が出てきます。

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3ステップ

フィボナッチリトレースメントを使った手法は、フィボナッチリトレースメントが勝手にラインを引いてくれるので、とってもラクです。

私も最初は「ダウ理論」「エリオット波動」「グランビルの法則」何のことやら?だったんですが、 ちょっとずつ学んでいくうちにだんだんと繋がっていきました。

FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

超絶シンプル!聖杯探しに疲れた人のための1時間足ゆったりトレード手法。

チャートを見る時間がないからこそ、ゆったりトレードがおすすめ。

「空き時間でぱっぱと稼げる」という謳い文句でスキャルピングを推奨する人もいるみたいですが、正直、初心者がそんな方法で安定して稼げるようになるとは思えません。スキャルピングは、デイトレよりも速く考え決断する力が必要なので、はっきり言って難しいです。

それに、スキャルピングは狭くて見晴らしの悪い相場のときに向いている方法だと思うので、広くて見晴らしのいい相場のときに、わざわざ短期足で数ピプスをチョコチョコ抜くのは効率が悪い気がします。

サラリーマンや主婦の方は、当然、一日中、チャートを気にして監視することはできません。だからといって自分の都合のいいスキマ時間にトレードして勝てるほど甘くありません。大きく狙おうとすればチャンスを待たねばならず、相場の都合に合わせないといけません。

波の習性を利用した1時間足トレード手法。

folding-rule-205001_640

  • 波の転換は短期足から起こる習性を使って、ダウ理論による短期波の転換サインをトリガーにエントリーのタイミングをとります。
  • 上位足レジサポが近くにあれば通用しません。
  • 1時間足レベルの水平線に対して1時間足レジサポで判断します。4時間足以上の大きな波になれば、1時間足は無効ですが、短期足の組合せを変えれば、相場はフラクタルなので、同様の考え方が通用します。
  • 使用ツールは水平線と押し戻しを測るフィボナッチ・リトレースメントのみです。

ダウ理論を目線の基準にしているトレーダーは、世界的にも相当数いると思われます。相場は大衆心理で動くので、なるべく多くのトレーーダーが愛用していて信頼できる理論やツールを使うべきです。 photo credit: Ben Lepley .

フィボナッチの核心、トレンドフォローで絶対に覚えておきたい2つの数字。

フィボナッチ数列とは自然界に存在する不思議な数列のことで、欧米のトレーダーが相場を分析する上でとても重要視する数字です。相場の波が規則的かつ自然な形に描かれるのは、この数列が意識されているせいかもしれません。 photo credit.

  • 世界中のトレーダーが意識している時間足である。
  • 1トレードで大きな値幅が狙える。
  • エントリー後たいして伸びなくても逃げ余地がある。
  • 一日の中でチャンスが少ない。
  • 1時間足だけを使う場合、損切り幅が大きい(短期足と組み合わせることで回避できる)

1時間足、1本を確実に狙う。

h1-1

  • 月足、週足、日足、4時間足にレジスタンス・サポートラインを引きます。その目的は、1時間足がどこまで上がるか、どこまで下がるかという動きの余地を想定するためです。
  • 1時間足にトレンドが出てないときは、この手法を使えません。(但しトレンドの出ている波までダウン・サイジングすれば同様に使えます)

これだけ!トレンドラインの核心、超有名だけど勘違いしている人が多いテクニカルツール。

エントリータイミングをとるのに有名なトレンドラインですが、ラインの引き方を勘違いしている人も多いです。今回はそんなトレンドラインの正しい使い方と役割についてお話します。 photo 自然界の数を使ったfxのトレード手法 credit: 96dpi via photopin.

  • 1時間足の押し目候補のライン(H1-S1)を引き、レートが落ちてくるのを待つ。
  • 1時間ローソク足が押し目候補ライン(H1-S1)でサポートされる(ヒゲ抜けはOK)のを確認する。
  • 利確は1時間足の高値(H1-R1)、1時間ローソク足実体が上抜けて確定すれば、次の4時間足ラインまで保有可能。

目線スッキリ、チャートをシンプルにするNゾーンと3本の水平線。

戦術的に5分足でエントリー、損切り、逃げをする。

h1-2

  • 5分足が戻り高値を上抜いて(波の転換サイン)押し止まったところ(サポート)からエントリー。
  • 損切りは5分足の一つ手前の安値。

H1-3

  • 1時間足の高値(H1-R1)に届かず、5分足のネックラインを割った、または目線が切り替わった場合は戻ったところ(レジスタンス)で逃げる。

実際のチャートで確認

H1

M5-real

今日のまとめ

追記 5分足に1時間足を表示するMT4用インジケーター(Custom Candle)は、ザイFX!さんのサイトから無料ダウンロードできます。

快適なトレード・ライフを支えるツールやインジケーターまとめ。【201912改訂】

裁量トレードに便利なインジケータやソフト、パソコン、通信環境、健全なトレード・ライフをサポートするアイテムなど、実際に試してよかったものを中心にご紹介します。 photo credit: SIGNET SG513 via photopin.

FX、負けた時のストレス対処方法は?

そもそも、大負けをするのはよくないのですが、ついレバレッジをあげてしまったり、損切りが遅れてしまったり、トレードルールを無視したりしてしまうことがあります。それから、年初にあったフラッシュクラッシュのように相場が暴落した場合、想定外の大きな損失が出ることもあります。
大負けしてしまった理由はいろいろあると思いますが、最初に襲ってくる感情は強烈に嫌な気分です。自己嫌悪、後悔や怒りなどの様々な感情がわき出てきます。
私も何度もそういう経験をしていますが、これは経験した人にしかわからない感情で本当に嫌なものです。そんな時、一番してはいけないのが、大負けした直後に損を取り戻そうとトレードすることです。
FXトレード初心者の頃は、トレード成績がそもそも不安定です。それなのに、普通ではない精神状態の時に、損を取り戻そうとトレードをしたら、良いトレードが出来る確率は低いと思います。
大負けした時は、まずチャートから一旦離れて、冷静になることが一番です。私の場合、トレードで大きな損失が出た場合は、チャートは閉じて、その日はトレードをしないようにします。お散歩に行ったり、コーヒーを飲んだり、楽しい動画を見たりして気分転換します。
そして、一晩寝て、翌日、冷静になったらところで、どうして大負けしたかの理由を考えます。そして、ノートに理由を書き留めて、負けた時のチャートも貼っておきます。その時に、次に同じことを繰り返さないための対策を書いて、ここで感情をリセットするようにしています。
翌日も、まだ気分が落ち込んでいると感じたら、気分が完全によくなるまで、他のことをしてストレスを発散させてから、またチャートに向かえばいいと思います。トレードをする時に、負ける恐怖を感じたら、いつもの半分のポジションでトレードして、前向きになれるまで数日はリハビリと考えればいいのではないでしょうか?

負けが続いた時はどうする?

大金を一度に失うのではなく、損切りが何度も続いてしまい、小さい負けが膨らんでいくときのストレスも大きく辛いものです。「もう勝てないんじゃないかしら?」と感じ、利益は積み上がらず、ストレスだけが積み上がっていきます。小さい損切りでも続くと、結構大きな損失になってしまいます。
そんな時も、大きな痛手を負う前にチャートから離れて気分転換をしましょう。負けがやたらと続くのは、知らず知らずのうちに、いつもと違う判断や基準でトレードしてしまっていることが多いのです。もしくは、自分のトレード手法が今の相場環境に合ってないのに、無理してトレードしているのかもしれません。
そんな時も気分転換をするのがおすすめです。一日に3回損切りしたら、トレードはしないというトレードルールを作るのもいいかもしれませんね。とにかく、大きなストレスになる前に、小さなストレスにとどめておくことが大事です
もし嫌な気持ちになったら、ノートに思いっきり感情を書きなぐるのもいいストレス対処法です。どこかで、「ばかやろー!」って叫べればいいですが、そういう場所があるとも限らないですよね。そんな時は、ノートに感情を書くだけかいて、気が済んだら書いた紙を破り捨てて、感情をリセットしましょう。
あとは「ふて寝」もおすすめです。文字通り、ふてくされて寝るわけですが、ストレス対策にふて寝は有効だそうです。考えてみたら、私もトレードで負けたりうまく行かない時、自然にふて寝をしていたものです。後で調べてみたら、感情のリセットが出来たり、脳の疲労回復もでき、もやもやもスッキリする効果があるそうです。
トレードで大金持ちになろうとか1億円稼いでやろうという夢や野望を持つのはいいことだと思いますが、その過程で大きな損失を出して、ストレスで病気になったり、不眠症になったら、何のためにトレードをやっているのかわからなくなります。
一生懸命になり努力をすることは大事ですが、常日頃、ストレスを最小限に抑えてトレードをすることも、とても大事だなことだと思います。
「どういうトレードをしている時が、ストレスをあまり感じていないのか?あるいは非常にストレスを感じるのか?」といったように、トレードをしている時に、自分の感情を観察してみてはどうでしょう?そうすれば、自然と大きなストレスを抱えないトレードスタイルになっていくと思います。

トレードで負けて損失が出ることは当たり前のことで、営業に行ったけど断られたぐらいの感覚で考えてみてください。それに、自分のお金が相場に取られても、自分の命は取られたわけではないですよね。
しかし、なけなしのお金や全貯金、今月の生活費などをトレードで失った時のストレスと、失っても自分の生活に影響がないお金をトレードで失った時のストレスは、どう考えても違います。その辺りも考えてトレードを行い、そもそもストレスを抱える状況にならないようにトレードをしましょう。
同じ負けトレードでも、正しいことをして負けた場合、ストレスはそれほど大きなものにならないはず。でも、自分のトレードルールを無視したり、ギャンブルトレードしてしまった結果の負けトレードは、後悔の念にさいなまれ、ストレスも大きいものになります。
FXを今後のライフワークいしたいのであれば、負けた時のストレスをうまく対処することも大事ですが、そもそも大きなストレスを抱えないトレードをすることが大事なのではないかと思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる