オプション投資戦略

ストキャスティクスの使い方

ストキャスティクスの使い方
テクニカル指標は、メインチャート、サブチャート1、サブチャート2に、それぞれ1種類ずつ表示できます。

【仮想通貨(ビットコイン)FX】ストキャスティクスの使い方や設定方法、RSIとの違いを解説


本記事では、仮想通貨(ビットコイン)FXで利用できるテクニカル指標「ストキャスティクス」についてを解説していきます。

仮想通貨(ビットコイン)FXのチャート分析で用いられる「ストキャスティクス」とは?

ストキャスティクスは2本のラインが用いられ、「ゴールデンクロス・デッドクロス」を狙ったトレードに使われますが、比較的価格変動の激しい仮想通貨では特に使いやすい指標となっています。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるストキャスティクスの特徴

  • 相場の過熱感を把握する事ができる
  • レンジ相場でのトレードに役立つ
  • RSIと違って相場への感度が高い
  • 価格変動の激しい仮想通貨に適した分析手法

ストキャスティクスを活用すれば相場の過熱感を把握する事ができる

しかし、重要なのは相場の転換のタイミングを「感覚」で予想するのではなく、指標に基づいた「根拠」を持って予想することです。


上記のチャートのように、RSIは基本的にその数値が80%を超えると「買われすぎ」のサインとなり、20%を割ると「売られすぎ」のサインとなります。

ストキャスティクスはレンジ相場でのトレードに役立つ

ストキャスティクスは横ばいのレンジ相場における細かな相場の過熱感を測る事ができるので、レンジ相場におけるスキャルピングトレードにも役立ちます。

例えば下記のような上昇トレンドの場合だとストキャスティクスが上に張り付いてしまうので、相場の周期を上手く察知出来ず、あまり参考になりません。

ストキャスティクスとRSIとの違いは?

ストキャスティクスは相場の加熱に敏感

上記のチャートはRSIとストキャスティクスの両方を用いていますが、レンジ相場の中ではストキャスティクスの方が上下運動が激しく、頻繁に買われ過ぎ・売られ過ぎゾーンにタッチしている事が分かります。

ストキャスティクスは2本の線を用いている

ストキャスティクスは価格変動の激しい仮想通貨に適した分析手法

ストキャスティクスはRSIよりも相場に敏感に反応してくれるので、レンジ相場における短期的な売買に最適であり、ビットコインのような短期的に大きく価格が変動するような投資対象に適しています。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるストキャスティクスの見方

    ストキャスティクスの使い方
  • %Kの計算式(設定期間を14日にした場合)
  • %Dの計算式(設定期間を%Kを14日、%Dを3日にした場合)

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるストキャスティクスの使い方

  • ゴールデンクロス・デッドクロスを狙って売買する
  • ダイバージェンスを狙う

ゴールデンクロス・デッドクロスを狙って売買する

ですが、ストキャスティクスをよく見てみると、至る所でゴールデンクロスやデッドクロスが発生している事が分かります。

ダイバージェンスを狙う

上記のチャートのように、価格が高値を切り上げて更に高値を更新し、一方でストキャスティクスが逆に高値から安値へと切り下がった時がダイバージェンスのサインとなり、ここが逆張りのショート(売り)、もしくはロングの決済(売り)を入れるポイントとなります。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるストキャスティクスの設定方法

TradingView

TradingViewの場合、まず画面上にある「インジケーター」をクリックし、「ストキャスティクス」と検索してストキャスティクスを選択しましょう。

GMOコイン

bitFlyer

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるストキャスティクスの注意点

  • 買われすぎ・売られすぎ水準で必ずしも価格が反転するとは限らない
  • 相場のトレンドが強い時には有効ではない

あくまでも「買われすぎ・売られすぎ」の目安として見ておこう

ストキャスティクスの指標はあくまで目安であり、必ずしも「買われすぎ・売られすぎ」水準で相場が反転するわけではありません。

相場のトレンドが強い時には有効ではない

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるストキャスティクスのまとめ

ストキャスティクスを用いるメリット

  • 相場の過熱感を把握する事ができる
  • レンジ相場でのトレードに役立つ
  • RSIと違って相場への感度が高い
  • 価格変動の激しい仮想通貨に適した分析手法

ストキャスティクスを用いた売買方法

  • ゴールデンクロス・デッドクロスを狙って売買する
  • ダイバージェンスを狙う

ストキャスティクスの注意点

  • 買われすぎ・売られすぎ水準で必ずしも価格が反転するとは限らない
  • 相場のトレンドが強い時には有効ではない

ストキャスティクスはレンジ相場で最も力を発揮しますが、反対に強力なトレンド相場ではその数値が偏ってしまうので、まずは「今の相場がトレンドなのかレンジなのか」といった部分を認知しておく必要があります。

執筆者プロフィール

ペイ編集長

キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマートフォン専用トレーディングアプリ

補足

テクニカル指標は、メインチャート、サブチャート1、サブチャート2に、それぞれ1種類ずつ表示できます。

テクニカル指標の設定を変更する

  • 1. 「テクニカル」をタップする

補足

テクニカル指標の変数は、以下の範囲で変更できます。

ストキャスティクスの使い方
テクニカル指標 変数の範囲
移動平均線 短期、中期、長期ともに1~255まで設定できます。
ボリンジャーバンド 期間を1~150まで設定できます。
一目均衡表 転換線、基準線、スパンともに1~150まで設定できます。
指数平滑移動平均 短期、中期、長期ともに1~255まで設定できます。
多重移動平均 最短期間は1~254、最長期間は1~255、本数は15まで設定できます。
パラボリック AF、上限ともに0.01~1.00まで設定できます。
MACD 短期EMA、長期EMA、シグナルともに1~150まで設定できます。
RSI 短期線、中期線、長期線ともに1~150まで設定できます。
RCI 短期線、中期線、長期線ともに1~150まで設定できます。
DMI/ADX DI、ADX、ADXRともに1~150まで設定できます。
ストキャスティクス %k、%D、Slow%Dともに1~150まで設定できます。
移動平均乖離率 短期、長期ともに1~255まで設定できます。
サイコロジカル 期間を1~255まで設定できます。
標準偏差 期間を1~255まで設定できます。
モメンタム 期間、シグナルともに1~255まで設定できます。

比較チャートを表示する

  • 1. 片方の銘柄のチャート画面で、「テクニカル」をタップする

補足

比較チャートを表示している場合は、同時にサブチャートは表示できません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる