オプション取引とは

FXチャート

FXチャート
0120-63-0727

FXプライムbyGMO、リアルタイムチャートで為替相場分析を解説する無料オンラインセミナーを2022年4月27日(水)20時から開催。どなたでも参加OK!

【『選べる外貨』、『選べる外為オプション』および『ちょいトレFX』の取引に関するご注意】
■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.FXチャート 5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。外国為替保証金取引『選べる外貨』のスプレッド実績は、当社のホームページに掲載されています。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。 FXチャート
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

0120-63-0727

よくある質問 Q&A

カテゴリーから探す

【LION FX C2】 最大128枚
【.NET4】、【Mac専用アプリ】 最大160枚

店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。

当社の取扱う店頭CFD取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、原資産の価格の変動や為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や金融市場、為替相場の変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、流動性が低下している状況では、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。また、株価指数、ETF(上場投資信託)、ETN(指標連動証券)を原資産とするCFD取引は、金利調整額(買建玉を保有している場合は支払い、売建玉を保有している場合は受取り)が発生しますが、金利調整額は、金利水準が各国の経済事情や政治情勢等様々な要因を反映するため変動するので、売建玉を保有している場合でも、マイナス金利となる際は、当社への支払いとなります。加えて、配当金・分配金の各権利確定日の取引終了時点で建玉を保有していた場合、これらの権利調整額が建玉に発生します。一般に権利調整額は買建玉を保有している場合は受取り、売建玉を保有している場合は支払います。一方、原資産となる株価指数自体が配当金を考慮している指数の場合等は、使用するリクィディティプロバイダーによっては、権利調整額は売建玉を保有している場合は受取り、買建玉を保有している場合は支払います。この他、商品先物を原資産とするCFD取引は、当社が定める日の未決済ポジションに対して当社が定めた価格調整額が発生します。原資産にコーポレートアクションが発生した場合は、当社は決済期日を定めた上で新規取引を停止する場合があります。建玉を決済期日までに決済されなかったときには、当該建玉は当社の任意で反対売買により決済されます。 取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、原則、想定元本(基準値×1.FXチャート 1×取引数量×1Lotあたりの取引単位×円転換レート)× 株価指数CFDの場合10%・債券CFDの場合2%・その他有価証券CFDの場合20%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、それぞれ最大10倍・50倍・5倍となります。

ずっと使えるFXチャート分析の基本 シンプルなテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方 仮想通貨や株にも応用できる みんなのレビュー

投稿元:

わかっていたようで理解できていなかったローソク足チャートからの情報の読み取り方が、正しく理解できた気がする。
具体的な事例なども数多く載っており、実際の取引の参考になる本だと思う。
むしろこれを知らずにトレードしていたかと思うと怖くなる。終了

投稿元:

FXの場合は、4本値で重視するのは高値と安値。
高値更新か安値更新か。
朝一で、高値安値の抜けを確認すれば、相場分析ができる。
ローソク足2本の組み合わせを覚える。
1,高値更新で安値切り上げ、
2,高値更新かつ安値更新、
3,安値更新で高値切り下げ、
4,高値も安値も更新せず。
ダウ理論の高値安値は、左右の飛び出した高値安値。それを組み合わせると方向性がわかりやすい。

多数派についていく。安易に逆張りしない。特にFXでは。
値動きについていくつもりで。
損切りポイントは、前か前々の安値を切るライン。
さらにレンジブレイクすれば、損切ラインをずらす。

レンジ内で推移しているときは取引しない。 FXチャート
レンジブレイク後に止まったら、上下に逆指値の注文を置く。またブレイクすれば買い増し。
損切り幅が大きすぎると思ったら、そもそもエントリーしない。
時間軸を変えてみて、ほんとうにブレイクかを確かめる。
かならずレンジはブレイクする。

値動きが難しいと感じたら、元となるレンジを探す。たいていはレンジ相場。
広いレンジになったら取引を休む。
レンジの期間が長くても、必ずブレイクする。

投稿元:

相場が動く理由は単純
・価格が下がる理由=買いが多い
・価格が下がる理由=売りが多い
これだけ

投稿元:

投稿元:

■読了時間 2時間47分
■この本をオススメする人
・FXやCFDで勝てない方
・デモトレードで練習中の方
■感想
私はFXではなく、CFDで金(ゴールド)をトレードしていますが、ゴールドや株、仮想通貨にも応用できるチャート分析の基礎が書かれた良書でした。

投稿元:

FXの技術を身につけたい人にかなりおすすめ。
FXの本質である「値動き」についてかなり詳しく解説してくれているので、読み終わった後チャートの見え方が変わる。
そして自然とダウ理論の基礎が身につく。

ど素人がわかるFXチャート&経済指標の本

START チャートを見るときの基本 FXチャート
BEST1 チャートパターン
BEST2 平均足
BEST3 移動平均線
BEST4 ボリンジャーバンド
BEST5 FXチャート 一目均衡表
BEST6 RSI
BEST7 ストキャスティクス
BEST8 MACD
BEST9 ADX/DMI
BEST10 ピボットポイントとフィボナッチゾーン
BEST11 フィボナッチ FXチャート
BEST12 ポイント&フィギュア
BEST13 アストロロジー(金融占星術)

この章のまとめ FXチャート
コラム レバ50倍以上のハイレバ取引はまだ可能


第3章 ファンダメンタルズ分析編
プロが伝授する?経済指標の鉄則ベスト10

START ファンダメンタルズ分析がなぜ必要なのか
BEST1 経済指標のキモ
BEST2 株・債券・商品市場
BEST3 金利動向
BEST4 時間的要因
BEST5 要人発言
BEST6 金融政策
BEST7 フロー
BEST8 オプション
BEST9 国際会議
BEST10 相場のファッション/トレンド

この章のまとめ
コラム 羊飼いブログの歩き方


第4章 応用戦略編
カリスマ&プロに聞く!勝つためのルール

CASE01 「市場の行き過ぎ」を見ずに市場の予測はできない!/吉田恒さん
CASE02 ニュースを読み解き勝つための「戦略」を立てる/西原宏一さん
CASE03 FX版「ビジネスモデル」を決めてから取引を始めよう/田代岳さん
CASE04 手法よりも「バックテスト」と「マネーマネジメント」が大切!/ブラッドリー・フリードさん
CASE05 資産2億7000万円の秘訣は「東京時間足」と「半値」/アンディさん
CASE06 ブログ読者と磨き上げて到達した「鉄板パターン」!/ボリ平さん
CASE07 FXは「自分×何か」。自己分析で自分に合ったやり方を/なかばさん
CASE08 1時間後は予測できなくても5秒後なら予測できる!/なぎささん
CASE09 週2653万円を稼ぐ女性投資家の「指標スキャル」/モモさん

付録1 練習問題と回答
Q1 平均足
Q2 移動平均線
Q3 ボリンジャーバンド
Q4 ゾーンエグジット
Q5 ストキャスティクス
Q6 ADX
Q7 雇用統計
Q8 中国経済の影響
Q9 SNB声明文
Q10 コモディティ
Q11 FOMC声明文
Q12 金融政策

【FX】いつエントリーすればいい? チャートを“読む力”はこうやって鍛える! 二階堂重人著『世界一わかりやすい! FXチャート実践帳<スイングトレード編>』より解説

イメージ

専業トレーダー。テクニカル分析を駆使したデイトレードやスイングトレードが中心。株、FXの双方で月間ベースでは8割以上という驚異の勝率を叩き出し、波乱の相場環境でも着実に利益を重ねている。著者累計96万部。常勝トレーダーとして、50冊以上の著書がある。主な著書に、『世界一わかりやすい!FXチャート実践帳 スキャルピング編』『世界一わかりやすい!FXチャート実践帳 トレンドライン編』(あさ出版)など。

【書籍情報】世界一わかりやすい! FXチャート実践帳スイングトレード編

タイトル:世界一わかりやすい! FXチャート実践帳スイングトレード編
ページ数:192ページ 著者:二階堂重人
価格:1,760円(10%税込)
発刊日:2021年10月21日
ISBN:978-4-86667-255-7
http://www.asa21.com/book/b557326.html

表紙

【目次】
Chapter1 スイングトレードを始めよう!
Chapter2 スイングトレードで使うチャート
Chapter3 MTF 高値切り下げライン・ 安値切り上げライン手法の解説
Chapter4 スイングトレードの基礎力をつける10問
Chapter5 スイングトレードの応用力をつける10問
Chapter6 スイングトレードの勝率を上げる判断力が身につく5問
Chapter7 ロスカットで資産を守る
Chapter8 ロスカットのスキルが身につく5問
Chapter9 MTF200MA反発手法
Chapter10 リスクを抑えたスイングトレードのスキルが身につく10問

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる