海外バイナリーオプション

オーバーナイト取引

オーバーナイト取引

写真2 東短リサーチの加藤出チーフエコノミスト

オーバーナイト取引

口座内の純資産価値(NAV)がUSD 100,000(または相当額)以上のお客様には適用内でフルレートの金利をお支払致します。純資産価値(NAV)がUSD 100,000(または相当額)以下のお口座には、残高に比例した金利をお支払致します。例えば純資産価値(NAV)がUSD 50,000の口座に対する金利は、NAVがUSD 100,000以上の口座に対する金利の半分になります。

残高が高い場合の金利

プラスの現金残高に対する受取金利例を見る

現金残高 純資産価値 ブレンド・レートを計算する
USDでの純資産価値
NAVで調整した ブレンド・レート

金利の計算は弊社が正確とする情報を基にしておりますが、Interactive Brokers LLCやその関連会社は情報の正確性および正当性を保証するものではありません。IBKRおよびその関連会社は計算機によって算出された金利のエラーや計算結果についての責任を負うものではありません。

BM = ベンチマーク金利
オーバーナイト取引 オーバーナイト取引 オーバーナイト取引 オーバーナイト取引
通貨 料金表 NAV >= USD 100,000(または相当額)に支払われるレート 3
USD 0 ≤ 10,000 0%
> 10,000 0.33% (BM - 0.5% )
AUD 0 ≤ 14,オーバーナイト取引 000 0%
14,000 ≤ 140,000 0.438% (BM - オーバーナイト取引 0.5% )
> 140,000 0.688% (BM - 0.25% )オーバーナイト取引
CAD 0 ≤ 14,000 0%
> 14,0000.933% (BM - 0.5% )
CHF 0 ≤ 100,000 0%
> 100,000 -1.081% (BM - 0.25% )
CNH すべて 0%
CZK 0 ≤ 2,500,000 0%
> 2,500,000 5.338% (BM - 0.25% )
DKK 0 ≤ 700,000 0%
> 700,000 -0.876% (BM - オーバーナイト取引 オーバーナイト取引 0.25% )
EUR 0 ≤ 100,000 0%
> 100,000 -0.834% (BM - 0.25% )
GBP 0 ≤ オーバーナイト取引 オーバーナイト取引 8,000 0%
> 8,000 0.412% (BM - 0.5% )
HKD 0 ≤ 78,000 0%
> 78,000 0% (BM - 0.75% )
HUF 0 ≤ 2,800,000 0%
> 2,800,000 2.847% (BM - 3% )
ILS すべて 0%
INR すべて 0%
JPY 0 ≤ 11,000,000 0%
> 11,000,000 -0.445% (BM - 0.25% )オーバーナイト取引
KRW 0 ≤ 12,000,000 0%
> 12,000,000 0.25% (BM - 1.5% )
MXN 0 ≤ オーバーナイト取引 190,000 0%
> 190,000 2.791% (BM - 4% )
NOK 0 ≤ 85,000 0%
> 85,000 0% (BM - 2.5% )
NZD 0 ≤ 15,000 0%
> 15,000 0% (BM - 2.5% )
PLN 0 ≤ 400,000 0%
> 400,000 3.487% (BM - 2% )
RUB 0 ≤ 700,000 0%
> 700,000 5.83% (BM - 5% )
SEK 0 ≤ 850,000 0%
> 850,000 -0.21% (BM - 0.25% )
SGD 0 ≤ 15,000 0%
> 15,000 0% (BM - 1% )
TRY 0 ≤ 60,000 0%
> 60,0005%
ZAR 0 ≤ 150,000 0%
> 150,000 5.418% (BM - 1% )

証拠金ローンに掛かる支払金利

証拠金ローンに掛かる支払金利具体例

弊社では以下の一覧に基づいて段階的に金利を計算しています。例えば、$1,000,000米ドルを超える支払金利の場合、最初の$100,000米ドルまではTier Iレートを、次の $900,000米ドルまではTier IIレートを適用します。スプレッドを算出する際は、ベンチマーク・レートと0のいずれか大きい値を引用します。

ブレンド・レート

金利の計算は弊社が正確とする情報を基にしておりますが、Interactive Brokers LLCやその関連会社は情報の正確性および正当性を保証するものではありません。IBKRおよびその関連会社は計算機によって算出された金利のエラーや計算結果についての責任を負うものではありません。

BM = ベンチマーク金利

  1. 米ドルによる証拠金ローンにはすべて、最低0.75%の利率が適用されます。こちらは変更されることがあります。
  2. 融資が事前手配されていない場合1%の追加料金が発生することがあります。
ディスクロージャー
  1. 資産がUSD 100,000(または相当額)以下の口座内にあるUSD 10,000(または相当額)以上の残高には、これに比例した金利をお支払致します。利率がマイナスの通貨による残高のある口座には、少なくともUSD 100,000(または相当額)の残高に対してマイナスのレートが適用されますが、残高がこれ以下の場合、マイナスレートの適用はありません。

Interactive Brokers ®, IB SM , InteractiveBrokers.com ®, Interactive Analytics ®, IB Options Analytics SM , IB SmartRouting SM , PortfolioAnalyst ®, IB Trader Workstation SM オーバーナイト取引 およびOne World, One Account SM はInteractive Brokers LLCの登録商標です。統計情報等をはじめとする上記の内容の裏付けは別途ご依頼いただければご案内致します。表示される取引のティッカーシンボルは説明目的で使用するものであり、特定の銘柄を推奨するものではありません。

−2− 無担保コールレート 日本の「金利の基点」が決まる短期金融市場 金融政策と表裏一体=無短コール金利と短資会社の役割を探る - 特集【金利】 - オーバーナイト取引 経済トピックス - 話題とコラム

※注1 無担保コールO/N物レート=金融機関が短期的な資金のやりとりを行うコール取引で、担保を取らずに資金のやりとりをする際の金利のこと。オーバーナイト(O/N)とは「翌日」を意味し、O/N取引とは、資金を今日借りて(貸して)、翌日返す(返済される)ものである。例えば政策金利の誘導目標が0.25%の時、100億円を無担保コールO/N物で運用すれば、1日当たりの金利収入は6万8493円となる(計算式={100億円×0.25%}÷365=68,493円)。

日銀が短期金融市場でオペをはじめたのは1970年代からである。1981年には日銀が持つ政府短期証券(FB)の市中売却オペがはじまり、1985年には無担保コール取引も始まった。 そもそも、規制金利の時代には公定歩合(※注2)と預金金利が連動していたため、金融政策のスタンスを示す代表的な政策金利は公定歩合だった。1994年の預金金利完全自由化を経て、各種の金利は市場の需給を反映して動くようになっている。日銀も1994年に売り出し手形オペを入札方式で再開し、1995年には無担保コール金利翌日物を目標水準に操作するようになり、現在のような金融政策運営に至っている。 その無担保コールは、短期金融市場のインターバンク市場で取引が行われる【図1参照】。市場参加者は日銀や短資会社、メガバンク、邦銀、外銀、証券会社、生損保会社、投資信託、政府系金融機関などで、呼べば(マネー・アト・コール)、短期資金が調達できるということで「コール市場」と呼ばれる。取引時間は原則として8時から17時までで、実質的に16時過ぎには取引を終える。

最近は金融再編の影響で、市場参加者の数も減る傾向にあるが「外銀の取引シェアが増加するとともに、証券会社も取引を増やしています」(セントラル短資総合企画部の金武審祐部長)という。日銀が1999年以降、ゼロ金利政策や量的緩和政策を取り始めてからはコール市場の取引量は減少に転じた。この背景には、コール金利がほとんどゼロに近い状況になったため、銀行などが運用しようとしても金利収入などを考えれば割に合わない状態だったからだ。 しかし、日本の景気回復が鮮明になった2005年頃からはコール取引も緩やかに増加し始めた。日銀が2006年7月にゼロ金利政策を解除してからは、無担保コール取引の残高は12兆円台にのる月も増え、量的緩和政策が導入された2001年以来の水準を回復している【図2参照】。「銀行でもクレジットライン(与信枠)を見直すところが増え、金利裁定もはたらき、市場機能が回復しつつあります」(同)。今後日銀がさらに利上げをすれば、短期市場での運用を見合わせていた地銀などもより活発に運用すると見られる。 ※注2 公定歩合=日銀が金融機関に資金を貸し出すときの金利のこと。通称・マル公。金利が自由化される前には、金融機関の預金金利や貸出金利は公定歩合に連動していたため、昔は金融政策の基本的な手段となっていた。いまでは公定歩合も「基準割引率および基準貸付利率」という名称に変わり、政策金利の上限を間接的に示す役割として残っているに過ぎない。なお、金融危機の際に使われる「日銀特融」は、この基準貸付利率に0.5%を上乗せした金利が適用される。

写真1 セントラル短資のディーリングルーム

オーバーナイト取引
写真1 コール資金を取引するセントラル短資のディーリングルーム

国内の短資業界は上田八木短資、セントラル短資、東京短資の3社体制となっている。短資会社の主な役目は(1)出し手と取り手を仲介するブローキング業務(2)自分でポジションを取って相手と資金の貸借取引などを行うディーリング業務(3)「短資取引担保センター」、「短資取引約定確認システム」などの市場インフラを提供する市場サポート業務−−など。市場の資金の流動性を高めつつ、中立的な立場から適正なレートを提示している。その日の市場動向によって、短期市場で調達意欲が強いときもあれば、運用に回す金融機関が多い時もある。「取り手と出し手、両方の資金的な情報が分かる中立的な立場上、双方に適正なレートやアドバイスを提供することが大事です」(前出・金武氏)。月末で多くの金融機関の調達ニーズが強い時には「早めに調達した方が良いですよ」と、市場のニュアンスを感じて顧客にアドバイスを送ることもしばしば【写真1】。 近年の金融再編に伴い、いまでは短期金融市場を通さずに、銀行同士が直接資金をやりとりする「ダイレクト・ディール(DD)」も増えているという。DDの実態は不明だが、事務処理コストが掛かることや、一方に有利な金利水準で取引される可能性もあると見られる。このDDに限らず、市場を通した方がその日の適正なレートで資金を運用・調達できる場合もあり、短資会社の果たす中立的な役目は重要と言えそうだ。 ちなみに、短資会社は日銀や金融機関とは独立しているため、取引先からすれば市場の情報などについて聞きやすい存在である。「顧客から、気軽に問い合わせを受けることも多いのですよ」(同)。

東短リサーチの加藤出チーフエコノミスト


写真2 東短リサーチの加藤出チーフエコノミスト

しかし、日銀が無担保コール金利の誘導目標を0.25%、0.50%と決めたからといって、市場参加者も直ぐにその通りの金利で取引するのだろうか? 不思議に思われるかも知れないが、日銀は金融機関が預ける準備預金残高(※注3)の量を決めることができ、インターバンク市場でも手形オペなどで資金の量を調節できるため、最終的にはコントロールできてしまう。東短リサーチの加藤出(かとう・いずる)チーフエコノミストは「短期金融市場は日銀という『お釈迦さまの手のひら』の上で動いているようなものです」と指摘する【写真2】。株式市場でのPKO(株価維持作戦)、為替市場での介入などは市場に短期的な効果しか及ぼさないが「短期金融市場は、中央銀行に喧嘩を挑んでも絶対に勝てない独特の市場なのです」(同)。 日銀が現実的にコントロールできるのは無担保コール金利などの翌日物に限られている。日本で一番短い期間・一番低い金利しか操作できない反面、逆をいえば無担保コール金利は、円に関わる全ての金利の基点となるものだ。「米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長も生活に大きく関わる金利は長期金利としながら、これは市場の予想が織り込まれて決まると述べています(※注4)」(同)。中央銀行は政策金利を決める一方、その他の金利は市場メカニズムや様々な要素が反映され、資本主義経済のもとで決まるのである。「バーナンキ議長は対話によって、その予想に働きかけることができるとしています」(同)。市場参加者は金利の水準もさることながら、中央銀行の利上げが早いペースなのか、しばらく据え置くのかを探りつつ、実際の取引に当たる。市場参加者が利上げが近いと判断すれば、実際の金融政策変更を待たずに資金調達を急ぐこともある。 ※注3 準備預金=準備預金制度に基づいて、銀行などの金融機関は受け入れている預金などの一定比率以上の金額を日本銀行に預けなければならない。この最低金額を「法定準備預金額」、「所要準備額」という(2007年1月31日時点の準備預金残高は4兆9300億円)。準備預金制度は、1957年に施行された「準備預金制度に関する法律」によって、金融政策の手段として導入された。なお、日本郵政公社は準備預金制度の適用先ではないが、日銀の金融調節を円滑にするため、一定額以上の平均残高を保有する契約を日銀と結んでいる。 ※注4 バーナンキ発言=2006年3月20日、バーナンキFRB議長はニューヨークで“Reflections on the Yield Curve and Monetary Policy“と題する講演を行った。この中でバーナンキ氏は「私の考えでは、振り返ってみれば、金融市場で方針のはっきりしたコミュニケーションを取ることで金融政策の効果を増やし、特筆すべき利益を提供した」と述べている。直接、長期金利をコントロールすることはできないが、市場との対話で期待にはたらきかけることは有効であるとの見解を示したものである。

日本では1980年代以降、ロンドンやニューヨークの金融市場に追いつくため短期金融市場の整備、取引の多様化などを進めた。「短期資金のやりとりがスムーズにできなければ、他の株式・債券市場なども発展できません」(前出・加藤氏)。短期市場がない場合、企業の社債発行は滞り、レポ市場などで国債を売買することも難しくなるため、日々の生活や国の財政にも影響が出る。世界銀行でも、発展途上国が金融を整備する際に、短期金融市場をきちんと整備する必要があると指導している。また中国の人民銀行が最近オペ手段を多様化していることも、金融政策運営を適切に行う上で必要不可欠なものだ。 翻って日本では、バブル崩壊後の金融危機のほか、ゼロ金利政策の期間が長引いたことなどもあり、1998年の金融ビッグバン以降も金融市場の発展は鈍る傾向にあった。「政府は円の国際化を進めてきましたが、金融市場が縮小傾向にあったため、事実上それも頓挫しています」(同)。短期金融市場が厚みを持って効率的に機能していなければ、金融市場自体が発展できない。日本の政策金利はいまだに低いが、我々も関心を持って「日本の金利の基点」を見直したいものである。 【執筆:MoneyLife 片平正二】
(掲載日:2007年2月19日)

【市況】 株価指数先物【引け後コメント】 ナイトセッションで2万8000円回復、ヘッジ対応追いつかず、イレギュラー的な形成につながる動きも

  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 33社選出 <成長株特集>
  • テクで失敗、ファンダで億へ、「根拠なき」から「実感できる」銘柄選びに
  • 来週の株式相場に向けて=FOMCに視線集中、不動産株など注目
  • 10万円以下で買える、連続増益&低PBR 25社【プライム】編 <割安株特集>
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月10日)
  • 上昇トレンドに乗る【高配当利回り】 21社選出 <テクニカル特集> 6月10日版
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):エニーカラー、ラウンドワン、積水ハウス
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月10日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 来週の株式相場に向けて=FOMCに視線集中、不動産株など注目
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月10日)
  • 10万円以下で買える、連続増益&低PBR 25社【プライム】編 <割安株特集>
  • 上昇トレンドに乗る【高配当利回り】 21社選出 <テクニカル特集> 6月10日版
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月10日)

お薦めコラム・特集

  • 10万円以下で買える、連続増益&低PBR 25社【プライム】編 <割安株特集>
  • 来週の株式相場に向けて=FOMCに視線集中、不動産株など注目
  • 上昇トレンドに乗る【高配当利回り】 21社選出 <テクニカル特集> 6月10日版
  • テクで失敗、ファンダで億へ、「根拠なき」から「実感できる」銘柄選びに
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月10日記)

オーバーナイト取引

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

時間外取引 - オーバーナイト取引 米国

本日の株式市場:ダウはグロース株の低調で下落、消費者物価指数に注目

執筆:Yasin Ebrahim Investing.com -- 木曜日のダウは、FRBの金融引き締めペースに影響を与える消費者物価指数の発表を金曜日に控えて、投資家がグロース株.

消費者物価指数、ガソリン価格、ミシガン大学消費者態度指数:注目すべき3点

執筆:Liz Moyer Investing.com -- 株式市場は、金曜日の待望の消費者物価指数の発表を前にして、また金利と金融引き締めに関する次の動きを決定するFRBのFOM.

coly Research Memo(2):高いヒット率を誇るIPクリエイター&ディベロッパー

■会社概要1. 会社概要coly (TYO:4175)は「もっと、面白く」をビジョンに掲げ、女性向けエンタメ市場をリードするIPクリエイター&ディベロッパーである。 2014年、現.

本日の株式市場:インテルへの警戒感と債券利回りの上昇でハイテク株に下押し圧力がかかり、ダウは下落

執筆:Yasin Ebrahim Investing.com -- インテル主導のハイテク株の下落と、激しいインフレの中で続く経済への懸念がセンチメントの重石となり、水曜日のダウは.

ECB、Metaの証券コード、DocuSignの決算発表:注目すべき3点

執筆:Liz Moyer Investing.com -- 投資家は欧州と米国の中央銀行の金融政策の動向を見守っており、インテル(NASDAQ:INTC)の見解に対する懸念から株式.

株式市場についてのコラム

ターゲットは大型小売企業の中で今年最悪の業績。 急速に悪化する見通しは、高騰するインフレの中、予期せぬ需要の変化に適応しようとする同社の苦闘を浮き彫りにしている。 短期的な在庫問題にもかかわ.

エクソン株は、パンデミック後の景気回復における最優良銘柄の一つ 原油市場の上昇が続く中、アナリストは現在の高水準でエクソン株を買いと評価することに神経質になりつつある エネルギーは景気循環セ.

日経平均株価27,824.29-422.24-1.49%
日経225先物 (F)27,385.0-915.0-3.23%
韓国総合株価指数2,595.87-29.57-1.13%
NYダウ31,392.79-880.00-2.73%
独DAX13,761.83-436.97-3.08%
S&P/ASX 2006,932.オーバーナイト取引 オーバーナイト取引 00-87.70-1.25%
米ドル指数104.215+0.997+0.97%
オーバーナイト取引
1,875.40+22.60+1.オーバーナイト取引 22%
原油 WTI120.27-1.24-1.02%
21.927+0.110+0.50%
米国綿花2番145.59-0.92-0.63%
排出権82.80+1.79+2.21%
米国シカゴコーン773.10+1.10+0.14%
米国コーヒー228.13-6.52-2.78%
ドル/円134.43+0.10+0.07%
ドル/ウォン1,279.オーバーナイト取引 29+14.90+1.18%
ユーロ/ドル1.0517-0.0097-0.92%
ユーロ/円141.38-1.20-0.84%
トルコリラ/円7.8487+0.0393+0.50%
豪ドル/円94.65-0.68-0.71%
ポンド/円165.47-2.31-1.38%
大塚ホールディングス4,436.0-29.0-0.65%
ソフトバンクグループ5,545.0-114.0-2.01%
トヨタ自動車2,203.5-35.5-1.59%
三菱UFJフィナンシャル・グループ745.0-2.9-0.39%
ブイ・テクノロジー2,945.オーバーナイト取引 オーバーナイト取引 0-75.0-2.48%
東芝5,669.0-45.0-0.79%
みずほフィナンシャルグループ1,506.0-22.オーバーナイト取引 0-1.44%
名前 現在値 前日比% 出来高
トヨタ自動車 2,203.5 -1.59% 28.52M
ソフトバンクグループ 5,545.0 -2.01% 16.52M
日本郵船 9,810.0 -0.41% 8.32M
川崎汽船 9,190.0 -0.76% 7.22M
レーザーテック 17,370.0 -4.80% 6.07M
東京エレクトロン 55,660.0 -3.22% 1.48M
ファーストリテイリング 69,180.0 -0.93% 900.40K
オーバーナイト取引
名前 現在値 前日比% 出来高
エヌリンクス 294.0 +37.38% 6.46M
テラ 110.0 +26.44% 6.12M
EDGE Technology 1,339.00 +19.77% 5.17M
Anycolor 6,510.00 +18.15% 907.50K
ユビキタスAIコーポレーション 542.0 +17.32% 680.60K
リミックスポイント 714.0 +16.29% 17.06M
ナ・デックス 745.0 +15.50% 19.60K
オーバーナイト取引
名前 現在値 前日比% 出来高
アイ・アールジャパンホールディングス 2,218.0 -16.49% 5.94M
カラダノート 888.00 -13.53% 285.60K
スポーツフィールド 2,056.0 -11.57% 41.20K
ソフィアホールディングス 912.0 -10.59% 44.80K
名村造船所 429.0 -10.25% 6.07M
ビューティガレージ 2,596.0 -9.07% 286.80K
弁護士ドットコム 3,895.0 -8.46% 531.40K

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

前場に注目すべき3つのポイント~インデックスに絡んだ商いが中心だが次第に3月高値が意識されてくる~

facebook-share

・日経平均は上昇(27943.オーバーナイト取引 95、+28.06)
・NYダウは上昇(33180.14、+264.36)
・ナスダック総合指数は上昇(12175.23、+113.86)
・シカゴ日経先物は上昇(28210、大阪比+200)
・SOX指数は上昇(3092.97、+30.23)
・VIX指数は低下(24.02、-1.05)
・米原油先物は上昇(119.41、+0.91)
・米長期金利は低下
・米国景気は拡大
・コロナ流行下の経済活動正常化
・日銀は金融緩和を長期化


・オカダアイヨン圧砕機生産1.5倍に、10億円投資
・日本電産半導体を集中購買、安定調達へ年度内に戦略
・パナHDエッジAI新会社、JVCケンウッド・WiLと合同出資
・トヨタ物材機構・トヨタなど、全固体電池研究を本格始動、基本現象を解明へ
・伊藤忠伊藤忠など4社、再生資源燃料で協業、タンクローリー車向け
・長瀬産業エンドトキシン除去技術を活用、受託サービス開始
・三菱電機インドに新工場、31億円投資、FA制御システム安定供給
・富士通AWSジャパンと金融・小売業DXで協業

<国内>
・08:50 1-3月GDP2次速報(前期比年率:-1.1%、1次速報:-1.0%)
・08:50 4月経常収支(予想:+5245億円、3月:+2兆5493億円)

オーバーナイト取引 オーバーナイト取引
【※関連銘柄の株価チャートはこちら!】
◆クミアイ化学工業(4996)
◆オカダアイヨン(6294)
◆日本電産(6594)
◆パナソニック(6752)
◆トヨタ(7203)
◆伊藤忠商事(8001)
◆長瀬産業(8012)
◆三菱電機(6503)
◆富士通(6702)

オーバーナイト取引 オーバーナイト取引オーバーナイト取引
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●テレワーク ●オンライン教育 ●マスク/防護服
●巣ごもり消費 ●臨床検査 ●医療廃棄物処理
●ゲーム ●金(ゴールド) ●金鉱株
●高配当株 ●インフルエンサーマーケティング
●直近IPO銘柄 ●赤外線サーモグラフィー
●米国株(好決算企業) ●米国株(薬・ワクチン) ●米国株(巣ごもり消費ほか)
オーバーナイト取引

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

岡三オンライン証券の口座開設はこちら!

松井証券の口座開設はこちら!

アドバンクリエ----2022年5月度業績概要を発表、協業・通販が伸長(2022.06.10)
米金利と為替レートはどうなるのか?米家計の危うさと政策金利への影響 - 金融テーマ解説(2022.06.オーバーナイト取引 10)
(まとめ)日経平均は米国株安を受けて6日ぶりに反落 今晩発表の米CPIに注目 - 市況概況(2022.06.10)
欧米での金融引き締めへの警戒感から利益確定売りが優勢に(2022.06.10)
ラウンドワン、TOWA、ナ・デックスなど(2022.06.10)

太田忠の勝者のポートフォリオはこちら!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.6.3) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.オーバーナイト取引 オーバーナイト取引 6.3) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ・オンライン編集部(2022.6.9) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2)
  • アドバンクリエ----2022年5月度業績概要を発表、協業・通販が伸長
  • 米金利と為替レートはどうなるのか?米家計の危うさと政策金利への影響 - 金融テー…
  • (まとめ)日経平均は米国株安を受けて6日ぶりに反落 今晩発表の米CPIに注目 -…
  • 欧米での金融引き締めへの警戒感から利益確定売りが優勢に

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!

ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!
オーバーナイト取引 オーバーナイト取引
PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる