無料体験講座

スプレッドについて

スプレッドについて
原則固定のスプレッドであっても、 変動する場合があります。

【8社比較!】FXのスプレッドとは?狭い方が良い理由と変動するケース

スプレッドとは?

スプレッドはFXの実質的な手数料

スプレッドは FXにおける実質的な手数料 です。

なぜなら、 FX取引ではスプレッド以外のコストはほとんどかからない からです。

【FXの手数料】3つの種類と引かれるタイミング、コストを抑える方法を徹底解説

原則固定と変動制

スプレッドには 例外を除き固定されているもの と、 小刻みに変動するもの があります。

前者を 「原則固定」 、後者を スプレッドについて 「変動制」 と呼びます。

海外FXのスプレッドはほとんどが変動制

なぜなら、 多くの海外業者では「NDD方式」という取引形態を取っている からです。

NDD方式のスプレッドは変動制

国内業者はDD方式

国内業者の多くは、 「DD方式」 という取引形態となっています。

DD方式のスプレッドは原則固定かつ狭い

DD方式を取っていると 顧客同士の注文を相殺できる スプレッドについて のが利点です。

スプレッドは原則固定かつ狭い方がいい理由

スプレッドは狭い方が利益を圧迫しない

スプレッドは 原則固定かつ狭い 方がトレーダーは取引しやすいです。

なぜなら 変動制だと取引毎にかかるコストが異なり、広いと利益を圧迫してしまう からです。

取引量ごとにかかるコストの例

スプレッドが 0.2銭 と 1銭 で、5円分の為替差益が出た場合を比較してみましょう。

  • スプレッド0.2銭:【(5円-0.002円)×1万通貨= 49,980円 】
  • スプレッド1銭:【(5円-0.01円)×1万通貨= 49,900円 】

上記のように1万通貨の取引では 80円 の差になりますが、10万通貨なら 800円 、100万通貨なら 8,000円 の差になってきます。

スプレッドによる年間コスト計算

スプレッドは原則固定でも変動する場合がある

スプレッドが変動する理由

原則固定のスプレッドであっても、 変動する場合があります。

なぜなら、 時間帯や事象によってスプレッドが拡大することがある からです。

スプレッドが広がりやすい時間帯

スプレッドは 広がりやすい時間帯 があります。

  • 日本時間の早朝(ニューヨーク市場クローズ後)
  • 重要な経済指標の発表前後
  • 年末年始
FXの取引時間はいつ?祝日も24時間取引OKのルールと4つの注意点
【FXの経済指標】円・ドル・ユーロにとって重要な9つの指標を紹介

スプレッドが広がるケース

FX会社を選ぶときはスプレッドだけで判断しないように!

FX会社はスプレッド以外の項目も確認しよう

ここまでスプレッドの基本情報や原則固定かつ狭い方がいい理由を解説してきました。

スプレッドについて

「米ドル/円」を買うとは、「日本円を売って」「米ドルを買う」という取引をすることになります。

スプレッドについて

この「1ドル107円70銭から73銭の水準」というのが通貨の売値(Bid)107円70銭、買値(Ask)107円73銭を指しており、 その差である03銭が「スプレッド」となります。
また、スプレッドは取引をする際のコストとなるため、一般的には小さい方が有利とされています。

FXの魅力

①お取引は24時間
いつでも可能

FXならほぼ24時間取引できる

②少額で大きな額を取引できる(レバレッジ)

※投資資金である一定額の「証拠金」を担保として預けることで投資金額の何倍もの取引を行うことができる反面、少ない証拠金でお取引ができるため投資金額に対して得る利益・損失は大きくなります。また、投資金額を上回る損失となる場合がありますのでご注意ください。

レバレッジはてこの原理に例えられます。

米ドル/円など対円の場合

取引終了時の米ドル/円の仲値レートが120円
120円×4%=4.8円
1通貨あたりの必要証拠金は、4.8円となります。

ユーロ/米ドルなど外貨同士の場合

取引終了時のユーロ/米ドルの仲値レートが1.1米ドル
また、取引終了時の米ドル/円の仲値レートが120円
1.1米ドル×120円×4%=5.28円
1通貨あたりの必要証拠金は、5.28円となります。

③「売り」からでも
お取引が可能

株式取引(現物取引)ではスタートは「買い」ですが、FXの場合は、「売り」からスタートすることができます。 買いからスタートした場合は反対の「売り」で決済、売りからスタートした場合は反対の「買い」で決済(反対売買)します。
レートの変動によって「買い」「売り」どちらからスタートしても「為替差益」 (※) を得ることができるため、利益を得るチャンスが広がります。

例えば米ドル/円を取引する場合、1ドル110円が将来的に109円や108円など円高に変動すると予想するならば「売り」からスタートし、 予想通りに米ドル/円のレートが変動した場合、「買い」で決済すると利益を得ることができます。
上記のように「売り」や「買い」で取引をスタートし、未決済の状態を「建玉(たてぎょく)を持つ」と表現します。

米ドル10単位(1ドル110円)の売建玉全てを
108円で決済した場合

必要証拠金=(110円×10通貨)÷25=44円
(110円-108円)×10通貨=20円・・・利益!

スワップ損益

一般的に金利の低い国の通貨を売り、金利の高い国の通貨を買うと、金利の差額を受取ることができます。 この金利差を「スワップ損益」といい、FXにおける利益の一つとなります。「スワップ損益」は原則として毎日受取ることができます。
反対に、金利の高い国の通貨を売って、金利の低い国の通貨を買うと、金利差がマイナスとなるため「スワップ損益」の支払いが発生します。
(※スワップ損益は金利情勢等の変化により変動しますので、必ずしも受取りが保証されるものではありません。また、受取りから支払いに転じる場合もあります。)

スリッページ

スリッページとはお客さまが注文を発注した時のレートと実際に注文が約定するレートの差を「スリッページ」といいます。
スリッページによって意図しない不利な注文が約定されることを防ぐため、 当社では成行注文、2WAY注文の際に「許容スリッページ」を設定することが可能です。

※許容スリッページは発注時のレートと約定レートの差を許容するという意味になり、 レートが設定した値よりも不利な方向へ変動した場合、約定しないように制限します。
許容スリッページはアプリの設定画面にて以下の範囲で設定が可能です。

Currency pair spread

IS6FX allows you to trade in a variety スプレッドについて of currency pairs to suit your needs.
No hidden markup, so even beginners can enjoy trading with confidence.

IS6FX spread

  • Below industry average spreads in
    nano accounts for major currency pairs
  • Eradicate requotes and refusals
  • Honest trading
    without any hidden markup
  • Excellent execution policy

About currency pair spreads

Narrow currency スプレッドについて pair spreads are very important for traders to keep costs down. However, IS6FX does not recommend the narrowest spread or zero spread and takes a balanced approach to spreads.

In some cases where Forex brokers スプレッドについて who sell zero spreads to gather traders, end up going bankrupt. IS6FX's スプレッドについて philosophy is to manage spreads lower than average and to respond to withdrawal requests quickly.

We strive to be able to provide major trading currencies with spreads that are cheaper than the industry average by partnering with liquidity providers, diversified trading markets in Europe and liquid providers such スプレッドについて as prime brokers. In addition, we aim スプレッドについて to be able to provide all currency pairs possible to meet the needs of our customers.

In order for IS6FX, an FX broker and our customers to coexist and prosper together, we support our customers with services that are not bound by immediate profits.

About spreads

The spread is the "difference between the bid price and the buy/sell" in the financial market and is indicated by "pips". This spread is the transaction fee charged to the customer and IS6FX uses variable spreads with different spread widths depending on the account type.

In addition, IS6FX charges our customers only a small markup (commission) on the price offered by the liquidity provider. We don't collect any other hidden costs.スプレッドについて

We will clearly state all costs to our customers and promise not to markup any hidden costs.

IS6FX spread table

IS6FX uses a floating system for its spread. Below is the average spread.

Micro Account

Standard account

Pro Account

6,000:1 leverage account

IS6FX uses スプレッドについて cookies to operate its website.
By clicking the "Agree" button, you agree to our Privacy Policy .

Terms of service | Guidelines | Anti-money Laundering Policy | Privacy policy :
IS6 Technologies Ltd is an international company founded in St. Vincent and the Grenadines. (Registration number: 26536 BC 2021)
This website is owned and operated by a company within the IS6 Global Group. The group includes the following companies:
IS6FX is a brand name owned by IS6 スプレッドについて Global Group, and it is prohibited to divert or sell it without our permission.

IS6 Global Group
IS6 Technologies Ltd Registered address Suite 305, Griffith Corporate Centre, スプレッドについて Kingstown, St. Vincent and the Grenadines(Registration number:26536 BC 2021)

Risk Warning: Trading leveraged commodities such as Forex and Derivatives poses significant risk to assets and may not be appropriate for all investors.
Before trading, make sure you fully understand the risks involved, take into account your investment objectives and experience, and seek personal advice as スプレッドについて needed.
Regional Restrictions: IS6 Technologies Ltd doesn't provide services to residents of the United States, Canada, Philippines, Sudan, Syria and North Korea.
IS6FX is an overseas Forex brokerage company that isn't registered with the Ministry of Finance of Japan and the service offered in this site isn't intended for residents of Japan. Our service isn't intended for people under the age of 18.

ポジション

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

FXのスプレッドとは?各社比較と計算方法を徹底解説!

FXのスプレッド比較

本記事でスプレッドが狭いFX口座として紹介しているのは、SBI FXトレード、外為どっとコム、GMOクリック証券の3つです。それぞれの特徴を簡単に以下にまとめました。
SBI FXトレード:業界最狭水準のスプレッドの狭さ。少額投資に向いている。
外為どっとコム:スプレッド縮小キャンペーンが豊富。たくさん取引したい方向き。
GMOクリック証券:FX取引高が世界1位 ※ 。さまざまな投資スタイルに柔軟に対応できる。
通貨ペア数など詳細を知りたい方は、ぜひ記事内をチェックしてみてください。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

  • 銭を円換算する。
    1銭=0.01円なので、「0.2銭=0.002円」
  • 1万通貨×0.002円=20円

FXのスプレッドは、 通貨間で生じる交換レートの差 によって生じます。通貨交換をイメージすると分かりやすいかもしれません。
・日本円→ドル:1ドル120円41銭
・ドル→日本円:1ドル110円41銭
のとき、日本円でドルに交換して、すぐにドルで日本円を戻すと10円の損失となります。この10円という差額がスプレッドと呼ばれるものです。

  • スプレッド=Bid(売値)とAsk(買値)の差=取引に生じる「コスト」
  • スプレッドが狭い=手数料が安い・スプレッドが広い=手数料が高い
  • 手数料の計算は「通貨取引量×スプレッド」
  • 通貨取引が多ければ多いほど コストが増大 する
  • 「銭(せん)」は日本円と外貨の組み合わせで使用するスプレッド単位(1銭=0.01円)
  • 「pips(ピップス)」は日本円以外の外貨の組み合わせで使用するスプレッド単位(1pip=1銭)
  • スプレッドは為替市場の相場に影響されて常に変動している
  • 多くの証券会社では投資がしやすいように一定期間スプレッドを原則として固定している

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる