初心者にもおすすめ

バイナリーオプションの勝率を高める自分ルール

バイナリーオプションの勝率を高める自分ルール

バイナリーオプション素人が1ヶ月で利益を出せるようになった取引する時の自分ルール公開

2月 戦歴 56戦33勝23敗 勝率 58.9% 金額 +74,バイナリーオプションの勝率を高める自分ルール 050円
3月 戦歴 22戦17勝5敗 勝率 77.2% 金額 +63,750円
4月 戦歴 25戦22勝3敗 勝率 バイナリーオプションの勝率を高める自分ルール 88% 金額 +157,000円
5月 戦歴 88戦51勝37敗 勝率 57.9% 金額 +57,550円
6月 戦歴 39戦26勝13敗 勝率 70% 金額 +57,550円
7月 戦歴 50戦21勝29敗 勝率 42% 金額 -53,550円
8月 戦歴 60戦22勝38敗 勝率 36.6% 金額 -150,550円
9月 戦歴 38戦21勝17敗 勝率 55.26% 金額 2,650円
10月 戦歴 19戦12勝7敗 勝率 63.16% 金額 16,500円
11月 戦歴 32戦21勝11敗 勝率 65.63% 金額 7,700円

なぜ公開しようと思ったか

ルールを見つけるまで

また、業者はハイローオーストラリアを選びました。どこでも良かったけど評判が1番良かったのでこれを選びました。今はペイアウトを考えても1番最初に選ぶんだったらここがいいです。

画像13

画像15

用意するもの

画像1

決めているルールはこちら

設定に関するルール

①ハイローオーストラリアを使って取引をする
実績、信頼が高いのとペイアウト率が高い、これ以外選ぶ理由が見つからないです。

②取引はハイローオーストラリアのTurbo・1分・5分(基本は5分)にする
MT4の1分足・5分足をメインに使うのでその時間と一緒の物を使う。また倍率の高いHighLowスプレッドがありますがですが、HighLowスプレッドでは、購入した時点のレートから、±0.20〜±2.20のレート幅が付いてしまします。

③MT4を開いて4分割にする
開くのはUSD/JPY・GBP/JPY・AUD/JPY・EUR/USDとなり基本的な取引は円での取引となりますがEUR/USDを開いているのはUSD/JPYが逆の動きをするからです。

4分割

④パソコンで繋いでいる人はモニターを2つにする
もし可能であれば1枚のモニターにMT4、もう1枚に取引するハイローオーストラリアを表示して下さい。これをやる事で取引時のロスを回避出来ます。

エントリーに関するルール

①RSI1分足+5分足+出来れば15分足の数字が30%以下(HIGH)もしくは70%以上(LOW)になった時にエントリーをする
1つの場合での勝率はそこまで高くはないので必ず2つ以上特に1分足・5分足がカギを握っているので意識をする。

②5分取引でも1分足を見てローソク足が上がり傾向か・下がり傾向を見る
5分足でのローソク足が黒のまま(上昇)でも1分足をみると白く(下降)なる事があるのでその部分を確りとチェックする。

③MT4のチャートは常に5分足を表示しておく
取引のやる時間のチャートを見るのは当然の事になる、

④今やっている事はギャンブルではなく投資である
メンタルコントロールが大事な部分、ギャンブルと思ってしまうといくらでもエントリーをしてしまう。投資と割り切る事で1つ1つ考えて行動が出来る。

⑤連敗をしても熱くならない
すぐに取り返そうとは思わない。現在、何故こんなに上がっているのか・下がっているのかの情報集め。1度冷静に考え直して市場を見直す、場合によってはその日のエントリーをやめる。

⑥色々なツールはあるが最後は己を信じエントリーする
ツールはあくまで勝率を上げるために使うものです。全ての条件が整ってエントリーをする事は1日でほとんどありません。自分自身でいけると思った時はエントリーをして下さい。

⑦その取引で勝っても負けてもメモを取る
何故勝ったのか?負けたのか?状況だったのか?エントリーして良かったのか?この部分をやる事で頭の中に刻まれていきます。


⑧世界的におかしな市場の時は無理してエントリーをしない

世界情勢がおかしい時は相場が大きく変動する。チャンスでもあるが読みにくくなるのでしっかりと予想を立てるのと情報収集をやる。

自分のルールで取引をする時のポイント・見方を書いていきます

①RSI
現在、グラフがどの位置にあるのかを確りと把握しておく中心にいる際は特に気にしないが30%70%が近づいてきたら1分などの他の時間を見て狙いを定めていく。

画像10

rsi画像1

rsi画像2

rsi画像3

勝利

②移動平均
画像の赤丸がゴールデンクロス・緑丸がデッドクロスとなっています。

移動平均クロス

ゴールデンクロス・デッドクロス

③MACDの場合
だましなどもあるのでその辺はMACDで回避するようにしてください。画像のようにRSIが上がってこない時があります。その際はMACDにてグラフと線が離れていないため上がらないです。ただ、MACDを求めすぎるとエントリー出来なくなるのであくまでも参考程度にして下さい。

画像7

④ボリンジャーバンド
自分は3つの線が出て上下の線に当たると下がると考えている緑丸のような、ただ、赤丸のようにその線にくっついてずるずるとついていく時もあるのでその辺を注意しながら見てください。

ボリンジャーバンドかかる2

ハイローオーストラリアを選択。ほかの業者だとペイアウト倍率2倍が多いなか、ハイローオーストラリアは2.2倍。ハイローオーストラリアが利益が出しやすいのでほぼ一択かと。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる