無料体験講座

遅行スパンの見方

遅行スパンの見方

これが一目均衡表の基本ラインです。
言葉も覚えておきましょう。

初歩的な質問ですみません。一目均衡表の日々線とは具体的にどの線を指すの

mt4の一目均衡表を入手したいです! 遅行スパンの見方 mt4で利用できる一目均衡表(インジケーター)を探しています。 一目均衡表って、ネットで探してなかなか出てこないです・・ 誰か知っている人教えて頂けないでしょうか? 条件は以下の通りです。 ・遅行線のパラメーターを変更できる(デフォルトよりマイナス表示できる)。 ・先行スパンのパラメーターを変更できる(デフォルトよりマイナスに表示できる。) よろしくお願いします。

こんにちは。 株の銘柄スクリーニングで、 一目均衡表の先行スパン1と先行スパン2のクロスを 銘柄をスクリーニングできるWEBサイトを知りませんか? 遅行スパンの見方 一目均衡表の先行スパンは現在のローソク足から 26本先に出ますが、その26本先でクロスした 銘柄をスクリーニングできるWEBサイトを探しています。 以前Omega Chartの拡張キットにあったようなのですが、 今は使われていないようでした。 よろしくお願いします。 遅行スパンの見方 以上

また、初歩的な質問で恐縮ですが、一目均衡表について、お伺いしたいと思います。 テクニカル指標はみんなそれぞれの意味(とある意味で人間の心理など)があると思いますが、一目均衡表だけはどうしてもよくわからないのです。 例えば、雲って何を意味するとか。なぜ雲が抵抗ないし支持ラインになるとか。 ご存知の方お手数ですが、宜しくお願いします

私はFXを始めて半年程度なのですが 最近いろいろ勉強をした結果 一目均衡表のよさが自分なりにではありますが、 分かってきたように思います。 教科書的なシグナルを一つ挙げれば、 日々線が雲の上限線を越えてきたら買い圧力が強まる というのがありますよね。 http://money.www.infoseek.co.jp/MnForex/ 上のHPで豪ドル円の日足チャートで一目均衡表を見ると 遅行スパンの見方 昨日の終値がちょうど雲の上限を超えていて いわゆる雲抜けであると思われます。 私は教科書どおり?今朝89円ほどで買い注文を入れたのですが 先ほど家に帰って豪ドル円のチャートを見てみると なんと!下落しているではありませんか!! 日足のストキャスティクスもかなり高めなので 本格的な下落があるのかもしれないとびびりまくり、 先ほど焦って早々と手仕舞いをしてしまいました。 そこで質問なのですが、 今日の豪ドル円の下落は一時的なもので、 一目均衡表の雲ぬけがあるために これから上昇すると判断するのが テクニカル的にはやっぱり正しい見方なのですよね? 現時点での日足ローソク足は下ひげが長いので 買い圧力が強いとは思うのですが、ストキャスは高いし BBの+2レンジが89.2あたりにあるし… でも、仮にそうじゃないとすると、私は一目均衡表の見方が 分からなくなってしまいそうです…

株の銘柄コードを入力すると一目均衡表を表示する無料サイトはないでしょうか。 いろいろなサイトを調べてみましたが、どれも通常チャート。 一目均衡表は有料の会員登録をしなくてはなりません。 昔は大学生が始めたサイトでかなり凝った無料サイトがあったものです。 パラボリックや、ストキャスティクス、一目均衡表 等を 無料で表示してくれる所、探せば必ずあるはずです。 ご存じなら教えて下さい。よろしくお願いします。

一目均衡表って、週に6日場が立っているときに作られたものですよね? 今は週に5日になっているので、ずれが生じないのでしょうか? 上っ面しか知らないのでとんでもなくトンチンカンな質問かもしれないのですが、気になってしょうがありません。 9日や26日、52日には、場立ち日数とは関係なくなにか意味があるのでしょうか?

FXインジケーター入門|一目均衡表とは?覚えておきたい5つのラインの特徴と見方

一目均衡表の「基準線」と「転換線」に注目すると、【黄色の楕円】の部分では「転換線」が「基準線」を下回っており、下落トレンドであることがわかります。逆に、【水色の楕円】の部分では「転換線」が「基準線」を上回っているので上昇トレンドであることがわかります。 「転換線」が「基準線」を上に抜けた時点で、トレンド転換した ことが読み取れます。 時間が経過して【水色の楕円】を過ぎると、「転換線」が「基準線」を下に抜けますが、その後、また上に抜けています。その時点では、持ち合いに推移したことがわかります。

また、【黄色の楕円】のゾーンでは、「日々線(ローソク足)」が「雲」の下にあるので、「雲」が上値の「抵抗帯」となっていました。 【水色の楕円】のゾーンになると、「日々線(ローソク足)」が「雲」を上に抜けていますが、その際に、上昇トレンドに転換したことを示しています。 【水色の楕円】のゾーンの後半部分では、

  • 「転換線」>「基準線」
  • 「日々線(ローソク足)」>「雲」
  • 「遅行スパン」>「ローソク足」

この3条件が揃っている部分があります。つまり、 「三役好転」の強い買いシグナルを示していた ことになります。

【実践】一目均衡表を使ってチャートを分析してみよう

fx一目均衡表 ユーロドル日足チャート

fx一目均衡表 ユーロドル日足チャート解説

このチャートの場合、 【黄色の円】のところで「売り」を行います 。なぜなら、三役逆転の3つの条件がそろい、強い売りシグナルを発しているからです。

  • 「転換線」>「基準線」
  • 「日々線(ローソク足)」>「雲」
  • 「遅行スパン」>「ローソク足」

初期のユーロドルは、高値圏で上下動を繰り返してもみ合い相場を形成しています。 この高値圏では「基準線」が横這いに推移しており、「転換線」は上から下に抜けたり下から上に抜けたりしています。 一目均衡表において、もみ合い相場では「基準線」と「転換線」が頻繁にクロスして、いわゆる「ダマシ」が多くなることを述べましたが、その典型的なパターンです。

もみ合い相場なので、トレンドが発生するまで待つ タイミングです。 チャートを見ると、「雲」が徐々に上昇しています。 当初は、この「雲」の上に「ローソク足」があるので、その時点で、この「雲」は下値支持帯を意味しています。

「雲」が上昇するに従い、「ローソク足」が「雲」に入り込み、そして、「ローソク足」が下落することで、「雲」を下に抜けています。 「ローソク足」が「雲」を下に抜けたポイントを【黄色の円】で示しました。「ローソク足」が「雲」を下に抜けた時点で、「基準線」と「転換線」を比較すると、「転換線」が「基準線」を下回っており、下落トレンドを示しています。 遅行スパンがローソク足より下にあるので、弱気相場であることも示しています。

fx一目均衡表 ユーロドル日足チャート 弱気相場

実際に、添付チャートに示した 【黄色の円】のところで「売り」を行った場合 は、その後の相場が大きく下落しているので、 大きく利益を見込める と考えます。 その後の値動きを見ると、添付チャートに【水色の楕円】で示したように、再びもみ合い相場を形成しています。 この【水色の楕円】のゾーンでは、「基準線」の傾きが徐々に緩やかになり、水平に変化したことが読み取れます。「転換線」も「基準線」に絡むような動きになり、相場がもみ合い相場になったことを示しています。

一目で分かる、未来と過去を見て予測する「一目均衡表」


これが一目均衡表の基本ラインです。
言葉も覚えておきましょう。

転換線・基準線とローソク足の関係

ローソク足の下に転換線があり、
さらにその下に基準線が表示されている。
このときは上昇傾向にあります。

一方、基準線の下に転換線、
さらに転換線の下にロウソク足がある場合は、
下降傾向にあります。

遅行スパン

遅行スパンは現在のチャートの位置から
26日前を描くため、
26日前の位置をチェックして、未来を予測するのに役立ちます。

こちらの図では26日前に
遅行スパンがローソク足を左から右に抜けて
遅行スパンがローソク足の下に来ています。

先行スパン1と先行スパン2

  • 先行スパン1・・・基準線と転換線の中間値を、当日を含む26日先に記入
  • 先行スパン2・・・当日を含む52日間の最高値と最安値の平均値を、当日を含む26日先に記入

シンプル言うと、
「ローソク足が雲を上に抜けると上昇トレンド」
「ローソク足が雲を下に抜けると下降トレンド」
となります。

雲の上にチャートがあり、雲に向かって下降しているとき、
まずは雲の上側で反発するかもしれない、と予測し、
それを抜けてしまった場合は、雲の下側で反発すると予測するのです。

続いて一目均衡表の解説「後半」へ進みましょう。
後半は三大理論について解説しています。
こちらの動画をご覧ください。

ある地点からこの日数で変化があると、予測するのです。
ピッタリの数値になることは少ないため
多少前後も見るようにしましょう。

基本の数値以外が当てはまる場合もあります。
複合基本数値である、
33、42、65、76、129、172も参考にしながら予測していきましょう。

値幅観測論

V計算値

V計算値は、上がってから下がった後、戻り分の2倍さらにトレンド方向に動くというイメージです。

N計算値

N計算値は、上がってから下がった後、1回目の上がり幅と同じ幅まで上がるというイメージです。

E計算値

E計算値は、上がって下がり、最終的に最初の波の2倍の高さまで到達するというイメージです。

N計算値

NT計算値は、上がってから下がり、最終的に最初の波の戻りの2倍の高さまで到達するというイメージです。

値幅観測論は計算式よりも
図のイメージを頭に入れておけばいいと思います。
また、下降トレンドの時は180度逆のかたちで予測をたてることができます。

20EMAに遅行スパンを追加して確実なエントリー

kazuemon より:

SECRET: 0
PASS: 遅行スパンの見方 74be16979710d4c4e7c6647856088456
下値付近でこういう形になっても下髭で戻しますよ
エントリーポイントが難しいですね

この手法に出逢えたこと、
心から感謝です( T∀T)

かずえモン より:

私の手法を使ってくださっていること、とてもとても嬉しいです。涙が出てきます。
こういった声を頂けると公開してよかったなと、つくづく思います。
これからも情報をyoutubeとブログ等で紹介していきますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。
本当に本当にありがとうございます。
感謝しております。

まさかの返信ありがとうございます(*^ω^)
今はこのエントリー方法をベースに自分のアレンジを加えてのやり方になっていますが、
自己満足の現在の途中経過です!

かずえモン より:

いえいえ、こちらこそありがとうございます。
このようなコメントを頂けたことが本当に嬉しいです。
60pipsオーバー、おめでとうございます!
この手法はアレンジもできますし、基本的な考え方(高値安値など)を加えられるので
汎用性も高いと思います。
これからもコメントやメールお待ちしていますね!

SECRET: 1
PASS: 8a63d9efe70a6435627d703014e73d8c
相場には壁がいくつもあって
その見えない壁と壁をMAで結んでやればトレンドラインが出来ますが
通常のMAではなかなか細かい調節が出来ません
だけどT3を使えば細かく調整できます
インディケーターのゼロラインのクロスと
チャート上のキャンドルとMAのクロスポイントを合わせてやると
上がアップトレンド下がダウントレンドとしてトレンドラインとして機能するMAとなりますが
違う時間軸のラインを一枚のチャートにまとめて表示するというのは
なかなか時間かかる作業ですからこのブログはとても貴重ですね
頻繁に見させて頂いてます

comment コメントをキャンセル

鉄板手法の20EMAと10EMAのトレード手法とゴルスパFXのコラボ

私のトレードの基本としてる部分は 20EMAと10EMAの状況からトレンドとは逆方向のトレンドラインをブレイクした箇所 が基本です。 ADXを追加したり、RSIを追加したり、ボリバンを追加したりしてい .

70EMAと20EMAの位置関係

雇用統計でドル円が81円台になっちゃいましたね。 このまま81~82円台でしばらく推移するのかな。 ユーロドルは雇用統計で上下したもののその後は雇用統計前とほぼ同じような水準ですね。 ユーロドルの方向 .

20EMAと10EMAのスキャ手法をMT4で

前にも書いているように、私のメインとなる手法は 20EMAと10EMAのクロスを確認して 押し目や戻りからを確認してのエントリーです。参考⇒20EMAと12EMAとブレイクアウトのトレード手法 で、こ .

5分足の20EMAの使い方 遅行スパンの見方

たぶん・・・風邪ひきました。 のどが痛いっていうか、なんだか違和感があります。 自分は喫煙者なのですがあまり美味しく感じません。こりゃ~風邪の一歩手前ですね(汗 風邪薬飲んで早く治さないと!!! さて .

【FX】一目均衡表の遅行線!王道手法を検証したらまさかの結果に!?

【FX】一目均衡表の遅行線!王道手法を検証したらまさかの結果に!?

Hiro(ヒロユキ)

2020年10月:-2,683,124円
2020年09月:-3,394,448円
2020年08月:-616,374円
2020年07月:-2,870,004円
2020年06月:+3,103,464円
2020年05月:-2,722,877円
2020年04月:-2,820,400円
2020年03月:-348,330円(960,遅行スパンの見方 000円)
2020年02月:+2,183,692円
2020年01月:+5,186,431円

2019年合計:-2,021,361円
————————————–
2019年12月:-340,027円
2019年11月:-1,遅行スパンの見方 162,157円
2019年10月:2,143,072円
2019年09月:254,567円
2019年08月:998,617円
2019年07月:426,遅行スパンの見方 148円
2019年06月:-2,390,313円
2019年05月:505,846円
2019年04月:-97,324円
2019年03月:696,394円
2019年02月:-1,124,144円
2019年01月:-1,遅行スパンの見方 932,040円

2018年合計:+5,582,472円
————————————–
2018年12月:2,135,521円
2018年11月:986,317円
2018年10月:744,755円
2018年09月:-538,515円
2018年08月:-1,041,692円
2018年07月:-679,556円
2018年06月:-42,151円
2018年05月:2,239,544円
2018年04月:-401,573円
2018年03月:-849,604円
2018年02月:134,013円
2018年01月:2,895,413円

2017年合計:+9,477,758円
————————————–
2017年12月:2,069,353円
2017年11月:1,325,295円
2017年10月:762,680円
2017年09月:0円
2017年08月:-310,126円
2017年07月:2,005,638円
2017年06月:-1,086,859円
2017年05月:0円
2017年04月:324,050円
2017年03月:480,992円
2017年02月:2,198,186円
2017年01月:1,708,549円

2016年合計:+24,469,291円
————————————–
2016年12月:1,321,500円
2016年11月:1,867,606円
2016年10月:1,826,655円
2016年09月:690,760円
2016年08月:1,032,000円
2016年07月:2,460,000円
2016年06月:1,743,000円
2016年05月:876,000円
2016年04月:5,025,244円
2016年03月:2,805,000円
2016年02月:3,903,000円
2016年01月:918,526円

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる