オプション取引

テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方

テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方
瞬くん

スイングトレードで勝ち続けるためのテクニカル指標の使い方

○ RSIが指し示している方向が株価の進む方向であると判断
○ 50%ラインは節目(サポート・レジスタンス)として機能する場合が多い
○ RSIが50%ラインより上にある場合は上昇トレンドと判断
○ RSIが50%ラインより下にある場合は下降トレンドと判断
○20%以下の安値圏でクィッと上昇に転じたら買いサイン
○ 80%以上の高値圏でクィッと下落に転じたら売りサイン
○ RSIが50%ラインを下から上に突き抜けた時は買いサイン
○ RSIが50%ラインを上から下に突き抜けた時は売りサイン
○ 逆行現象が起こった場合は大きくトレンド転換するサインと判断

ストキャスティクスを使ってスイングトレードをする

ストキャスティクスの重要ポイント

DMIを使ってスイングトレードをする

DMIとは、『Directional Movement Index』の略で、日本語では『方向性指数』と呼ばれることが多いです。この指標は、先ほどのRSIと同じくアメリカのJ.W.ワインダー氏が考案したテクニカル指標です。

DMIの重要ポイント

○ +DIと-DIの乖離幅が最大になった所が利食いポイント
○ +DIより-DIが下にあれば上昇トレンドと判断
○ +DIより-DIが上にあれば上昇トレンドと判断
○ +DIが-DIを下から上に突き抜けたら買いサイン(補助的に使用)
○ +DIが-DIを上から下に突き抜けたら売りサイン(補助的に使用)
○ ADXが上昇してきた場合は、上昇または下降トレンドの勢いが強くなってきていると判断

スイングトレード実践編

銘柄選びのポイント

○ 値上がり率ランキングから銘柄を探す
○ お気に入り銘柄、監視銘柄から銘柄を探す。
○ 5日移動平均線がクィッと上向きになっていて、きれいな陽線が出ている銘柄選ぶ
○ 前日より出来高が増えている、もしくは同じぐらいの銘柄を選ぶ
○ トレンドがはっきりしている、読みやすいきれいなチャートを選ぶ
○ グランビルの法則と同じパターンの動きの銘柄を選ぶ
○ テクニカル指標を利用して総合的にチェックする(指し示している方向を確認する)

トレードシナリオを描くポイント

○ 節目となる株価をチェックする
○ 現在の株価より、すぐ上にある節目は上値目処と判断する
○ 現在の株価より、すぐ下にある節目は下値目処と判断する
○ 週足、月足も節目として機能することが多いためチェックを忘れない

295円(5日移動平均線株価) ⇒ 300円(前日終値) ⇒ 320円(上値目処)

エントリーのポイント

○ エントリーポイントは節目付近でする
○ ギャップアップで寄り付いた場合は、前日終値付近まで下落してくるのを待ってエントリー
○ 大きくギャップアップ(上値の節目付近)で寄り付いた場合は見送り
○ 大きくギャップダウンして、5日移動平均線を割り込んで寄り付いた場合は見送り
○ ギャップアップ後も大きく上昇していく銘柄は追いかけない(高値掴みとなる)
○ 上値の節目まで到達したら一度、利益確定をする
○ エントリー後は5日移動平均線の上に乗っかるように推移していればホールドでも可
○ 株価が急上昇して5日移動平均線より大きく乖離した場合は1度、利益確定する
○ エントリー後は5日移動平均線が下向きになった場合は即撤退

【FX勝率アップ】RSIの仕組みとダイバージェンスの手法を解説

鈴木拓也

鈴木拓也

RSIとは?

RSIとは買われ過ぎ、売られ過ぎを示すテクニカル指標で、英語の「Relative Strength Index」の略であり、日本語では相対力指数と呼ばれます。

単純に買われ過ぎだから「売りエントリー」、売られ過ぎだから「買いエントリー」というRSIの使い方は完全に誤りですので注意してください。

RSIの見方

RSIは0~100%の範囲で表示され、70%以上が買われ過ぎ、30%以下で売られ過ぎを表します。

  • RSI=70%の時、買われ過ぎていることを示す
  • RSI=30%の時、売られ過ぎていることを示す

RSIの仕組みと設定値

  • RSI(%)=100×(直近n期間の上昇幅の累計)÷(直近n期間の上昇幅の累計+直近n期間の下落幅の累計)

鈴木拓也

鈴木拓也

上記仕組みを知らなくてもRSIは使いこなせるので安心してください。

おすすめのRSIの期間は14 であり、一般的に使われるメジャーな数値なので、それ以外の数値は使わない方がいいでしょう。

RSIの誤った使い方

しかし、 これは完全に誤った使い方なので無視 してください。

というのも、RSIが下から70%を超えてきたときは、強い上昇トレンドが発生している時であり、そのままRSIが70%以上に張り付いて、上昇が続くことがよくあるからです。

逆に、RSIが30%以下の時にも、強い下降トレンドが発生している時は、RSIが30%以下に張り付いた状態となり、そのままレートが下がり続ける時がよくあります。

RSIの正しい使い方:ダイバージェンスとは?

RSIに限らず、オシレーター系のテクニカル分析に共通していることですが、 「ダイバージェンス」という非常に重要なトレンド転換のシグナル があります。

ダイバージェンス」とは、為替レートとRSIが逆行する現象のことを言います。

ダイバージェンスは トレンド転換のシグナル であり、(1)のケースでは下降トレンドへの転換シグナル、(2)のケースでは上昇トレンドへの転換シグナルとなります。

つまり、ダイバージェンスを分析することで、今後相場がどう動くのかを予想することが出来るのです。

  • 上昇トレンドへの転換:為替レートは下落・RSIは上昇
  • 下降トレンドへの転換:為替レートは上昇・RSIは下落

ダイバージェンスがトレンド転換を意味する理由

逆に理由や根拠がないサインは何の役にも立たないので注意してください。

さて、RSIの意味をもう一度よく考えてほしいのですが、RSIは買われ過ぎ・売られ過ぎを意味するインジケーターだと説明しました。

要するに、 レートが上昇しているにも関わらず、RSIが下降トレンドであるということは、上昇トレンドの勢いが弱まっているシグナルであり、トレンド転換の可能性を示すサイン なのです。

下降トレンドの場合も全く同様に考えることができ、レートが下がっているにも関わらず、RSIの安値が切り上がっている場合には、 下降トレンドの勢いが弱まっている証拠 であり、近々トレンド転換が近づいていることのサインなのです。

RSIによるトレード実例

オシレーター系のテクニカル分析は単体で使うよりも、トレンド系のテクニカル分析と組み合わせた方がだましを回避できて有利です。

その時、RSIもダイバージェンスが形成されていますので、トレンド転換が近づいていることを示しています。

加えて、赤線の水平線も下抜けしており、やや値動きが急な所を除けば、ここはかなり テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方 勝率の高い売りのエントリーポイント となります。

  • グランビルの法則:下向きの移動平均線25と50を下抜け
  • 水平線を下抜け
  • タイバージェンスの発生
  • グランビルの法則:上もしくは横向きの移動平均線25と50を上抜け
  • トレンドラインをブレイク
  • タイバージェンスの発生

ちなみにこの記事の説明で使っているチャートソフトは、私含め多くのプロがおすすめしているMT4(メタトレーダー4)です。

寺子屋チャートコラム 禅之十三 RSI篇

瞬くん

小次郎講師

そうです。
おさらいしておくと、RSIとは過去N日間(通常は14日)の全体の値動きの中で、上昇分がどれくらいだったかの割合を示す指標でした。
そしてその数値が70%以上になったら買われ過ぎ30%以下になったら売られ過ぎということを一般的には示すと。

瞬くん

だからと言って、安易にそれが売買サインにはならない…と。
うーん…何度考えてみても、上昇分が相対的に大きくなって加熱して買われ過ぎを示したら、その後クールダウンする売りが出てきそうな気がするんですよね。
だから売っていいんじゃないかと…

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

RSIのシグナルの理由

瞬くん

RSIの数値がちょうど50%の時が売りと買いが均衡している状態ですから、
50%以上の時は買いが優勢。50%以下の時は売りが優勢。
そしてそれが100%に近づけば近づくほど買い勢力が優っていて
0%に近づけば近づくほど売り勢力が優っているということでしたね。

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

小次郎講師

瞬くん

テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方 小次郎講師

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

そうなんです。
「上昇の中の押し目の売り」や「下降の中の戻りの買い」などの
利益確定ものが出てくるかも! というサインなんです。
そこを誤らないで使えると、RSIは有効な事前注意信号をくれる
とても有益なテクニカル指標となってくるのです。

70超え30割れの「時期」にも注意

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

トレンドの終盤だったらそこが天井や底となることもあり得る
と正しく認識することが肝要。
つまり RSIを正しく使うためにはトレンドの序盤なのか、中盤なのか、
終盤なのかということも考えてみてください

RSIの極値

瞬くん

時期を考えず短絡的にRSIが70超えたら売ろう、30割れたら買おう テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方
としちゃいけないことは分かりましたが、
100とか0だったら流石にそれ以上はないわけだから逆張りのサインとしてもいいんじゃないんですか!?

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

市場では買方と売方が毎日戦っています。
例えば1日上がれば翌日は下がり、1日下がれば翌日は上がるというのが
売方と買方の均衡が取れている状態。
そしてそこから買い方が優勢になったとしても、
一方的に毎日上昇ということはほとんどなく、
安定的な上昇相場だと2日上がって1日下がるというのが標準。

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

トレンドがある時のRSIの使い方

瞬くん

トレンド中は勢いがあるわけだから、RSIが70を超えたり30を下回ったりするというのは、わかりましたが、もみ合い相場ではどうなんですか?
もみ合い相場だったら、どちらかに行き過ぎたら戻ってきそうな気がして、
70超えや30割れをうまく使えそうな気もするんですけど…

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

上昇トレンド

下降トレンド

瞬くん

上昇トレンドなら50を割ったところが上昇トレンド中の押し目を示し、
下降トレンドなら50を超えたところが戻りを示す感じですね。
…!
てことはそこでまた買ったり売ったりすればいいんですね!?

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

RSIに限らず相場は全てそうです。
その時々で既存のルールが上手くいかないこともあるので、
テクニカル指標をどう使うかをガチガチに決めて臨むのではなく、
臨機応変に市場に合わせられる柔軟さも大事なんですよ。

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

小次郎講師

瞬くん

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる