株初心者向け

海外FXのトレンド相場とは

海外FXのトレンド相場とは
詳しくみる

トレンドライン

トレンドライン

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

海外FXで自動売買するのに最適な業者は? ソフトの選び方やデメリットも解説

「業者で禁止している両建てがあるけれど、なんでバレるの?」 「バレるとペナルティはあるの?」 と両建てする前に悩んでいませんか? 海外FXの両建て方法は3種類ありますが、業者によっては禁止しているもの .

海外FX業者のスワップポイントを比較! スワップトレードで利益を得る際の注意点を解説!

「海外FXではどのくらいスワップポイントがもらえるの?」 「スワップポイントはどこで確認できるの?」 「スワップポイントってFX業者によってどのくらい違うの?」 為替の値動きに関係なく、毎日スワップポ .

デモ口座対応におすすめの海外FX業者は?有効的な使い方や利用するメリットを解説

海外FX業者のスワップポイントを比較! スワップトレードで利益を得る際の注意点を解説!

【初心者必見】BigBossのMT4へログインできない時に確かめる7つのこと! ログイン時の疑問にも回答
海外FXの最大ロット数は? レバレッジとの関係性やロット数が多い業者の選び方
海外FXでクレジットカード送金ができるFX業者は? 入金できない原因や送金時の注意点を解説
【最新】海外FXでスキャルピングにおすすめの口座6選! 相性のよい口座の条件も解説!
海外FXで損失が発生したら確定申告しなくてもよい? 4つの節税対策を解説!

BigBossコラム

取引プラットフォーム

当社について

bob-sapp

BigBossグループは、Prime Point LLCを基盤とした関連会社です。Prime Point LLCは全米先物協会(National Futures Association)に登録NO.海外FXのトレンド相場とは 0543920にて登録しています。 全ての情報は、アメリカ・イラン在住または国内法や規定により禁止された地域にお住いのお客様を対象としたものではございません。 また、IBCの規定により、セントビンセント・グラナディーン在住のお客様へのサービス提供は行っておりません。 当サイトは、日本国内で金融サービスを提供することを意図したページではなく、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておりません。

【FX・戦略】トレンドで大きく勝ち、レンジで負けない

トレンド相場はその性質上、 転換期でエントリーしない限り負けることはありません。 トレンドを見つけたら大きく取れるチャンスだと思うようにしてください。トレンドは各時間足に存在し、大きい時間足であればあるほど大きな価格幅で動きます。 転換期か否かの見極めが重要となるので、 大きい時間足でトレンドが発生していても、すぐには飛びつかずに小さい時間足のトレンドでエントリータイミングを計るようにしましょう。

トレンドが発生していても一直線に価格が上がって行くわけではありません。 必ずN字を描きながら価格は動いていきます。 上昇トレンド時に一時的に価格が下がることを「押し目」、下降トレンド時に価格が一時的に上がることを「戻り」といいます。 トレンドでトレードする際には「押し目買い」と「戻り売り」を狙うことでより大きい値幅で取ることが出来ます。

レンジ相場で負けない

「レンジ相場」とは、 価格が一定の範囲内で上下している相場のことです。 ( または上下の方向性が定まっていない相場を指します) 為替では相場の7割近くがこの「レンジ相場」であると言われています。

ボックス(四角形)、ペナント(平行四辺形)、フラッグ(三角形) など形は様々ありますが、どの形を形成しているにしても、 上で蓋となっている「レジスタンスライン」と、下で底となっている「サポートライン」の間で上下動を繰り返すことが特徴になります。 (下記画像は分かりやすい例ですがここまではっきりと上下が一定間隔なのは珍しいです)

また、 レジスタンスラインとサポートラインの間で上下動を繰り返していた相場が、反発せずに上(もしくは下)に突き抜けることをブレイクと言います。 レンジ相場は、上昇または下降する力を蓄えた後、必ずブレイクするということを覚えておいてください。 ブレイクされた相場は「トレンド相場」へと変わります。

「レンジ相場でのトレードが苦手だ」という方が多いですが、 実はレンジは(ブレイク時に当たりさえしなければ)負けにくい相場となっています。 特にボックス(四角形)状のレンジ相場は平行線上で反発するので、例え天井や底値の近くでエントリーしてしまっても、再び戻て来たタイミングで撤退することができます。ペナント(平行四辺形)、フラッグ(三角形)についても、全体の傾きに合わせた方向にエントリーすれば負けることは少ないです。

ただし、エントリー方向とは逆方向にブレイクした場合は、すぐに損切りする必要があります。 FXは素直に負けを認めることで傷を浅くすることができるので、 思惑と違う動きを見せた場合にはその後どう動こうと一旦損切りすることをオススメします。

まずはチャートを見たときに、 今がトレンド相場なのかレンジ相場なのかを判断できるようになることが大切です。 また、同じペアのチャートでも各時間足ごとに相場の形は変わってくるので、トレンドとレンジ、自分の得意なパターンを見つけて、ロットをコントロールしながらトレードするようにしてください。トレンドにしろレンジにしろ、 エントリーポイントさえ的確であれば、まず負けることはないということを忘れないでください。 (つまり損切となった場合はエントリーポイントの見極めが甘いということです)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる