初心者向けFXトレード

トレードで勝つための極意

トレードで勝つための極意
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

株のデイトレードを勉強するためにおすすめの本4冊【初心者~中級者向け】

トレードで勝つための極意

株デイトレード、人気ロングセラーの最新版。目標は月60万円の利益! 少ない資金から大きく儲けるコツがわかる。

始め方から実戦で役立つ知識までを完全図解。勝つための3大ツール(リアルタイムランキング・5分足チャート・板)と、8つのテクニック(リバウンド狙い・波乗りテクニック)の活用術を実例と共に徹底解説。

初心者から再チャレンジ組まで、どんな相場でも利益が出る、株デイトレード、最強の教科書です。

Amazon.co.jp

株のデイトレードを勉強できるおすすめの本②デイトレード入門―短期売買の極意 トレードで勝つための極意 〈第2版〉 (日経文庫)

株のデイトレードを勉強できるおすすめの本③デイトレード

問題は「どちらが、より賢いのか」という点であり、マーケットの機微を知って、賢い側に立てるように鍛えるアドバイスをする。 『金持ち父さん』の訳者による、歯切れのいい文体も魅力です。

Amazon.co.jp

株のデイトレードを勉強できるおすすめの本④プロになるためのデイトレード入門 1巻 板読みと歩み値を極めてライントレードの精度をあげる編

株式投資で成功するために:その他のテーマのおすすめ本

【参加無料】株式投資で利益獲得の確率を高める有益なセミナー

【無料】おすすめの投資講座:「株式投資スクール」

日本ファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールは、無料で受講でき、株式投資の基礎を確実に身につけることが可能で、実際に利益を上げている人も多く口コミでの評判も良いです。

私自身も株式投資スクールの無料体験会に参加してみましたが、株式投資の基本や仕組みが非常に分かり易く、独学よりも有用だと感じました。

株式投資を勉強したい人は受講を検討してみてはいかがでしょうか。無料なので損は無いです。金融商品のセールスや強引な有料セミナーへの勧誘も無く、口座を提供する企業も怪しくありません。

本やセミナーで投資の勉強する時間が無い人へのおすすめ:無料で株価上昇が見込める推奨銘柄をゲット!投資顧問「勝ち株ナビ」

そのような方にとって、有効活用して頂きたいのが投資顧問の「勝ち株ナビ」です。プロが自分の代わりに分析して株価上昇が見込める銘柄を無料で教えてくれます。

「勝ち株ナビ」では株式投資のプロが選定した、値上がりが期待できる推奨銘柄の情報が無料で入手できます。

私が検証した結果、推奨された銘柄の株価推移を追うと現実的で良好な成績を実現していることが分かりました。

勝ち株ナビの推奨銘柄で運用すると、勝率は6割超えで100万円で1年間運用すると60万円の利益を得られる計算になります。

時間が無い人や投資初心者の方へ:私が実践して利益を得ている積立投資の独自手法・実績

blank

積立投資は、少額から投資が可能で時間的分散投資によってリスクを低減できるので、投資の初心者や資産形成をしたい方には非常におすすめです。

FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

「待つ。」世界中探しても、これより優れたトレード手法はない。週刊チャートナビ#57ユーロ円、ユーロドル。

無駄なトレードを極限までゼロに近づける「ワンランク上の待つ」を覚える。

チャートが読めるようになると相場の向かう方向が見えてきます。ここまでくれば、収支も月間でプラマイゼロになってくるはず。当面の課題としては、せっかくの利益を帳消しにしているムダトレードを徹底的に排除することではないでしょうか。

「待つも相場」という格言がありますが、「待つこそ相場」と言い変えてもいいほど「待つ」という行動の意味は深く、結局、待てる側が狩る側、待てない側が狩られる側になり相場が動いています。ワンランク上の「待つ」とは単にレンジはやらないとかチャンスを待つということでなく、ロジックと経験に裏付けされ感覚がシンクロするまで待つと意味です。

待てる人と待てない人の違いは、どれだけ負けて、そして、どれだけ「こういうときに自分は負ける」という負けパターンを知っているかです。試しに今からスグに自分の負けパターンを5つ図解してみてください。すぐに書けないようなら、あなたは自分が負ける理由をなんとなくしか知らずに意識もせずにトレードを続けていることになります。これでは自制が効かないのは当然、目の前の値動きの誘惑に負けて左クリック、その左クリックを狙って待ち構えていたハンターの餌食となります。

待って損した<待って得した。

ユーロ円は133円からの戻り売り、重要経済指標でも132円付近+週足サポートが突破できず。

d1

波の反転に要する時間を前もって知ることができれば、待つじれったさがなくなります。今回の記事は、待つべき時間は余計なことをせず、打つべき時間にチャンスを逃さない、そんなメリハリのあるトレードを目指す方法をご紹介します。 photo cr.

h4

m30

ボリンジャーバンドで波のライフサイクルをつかむ。

ボリンジャーバンドは様々な使い方ができるインジケーターですが、その形を見て波のライフサイクルをとらえることができます。波の始まりと終わりがわかれば、攻めるべきポイントが見えてきます。 photo credit: Dom Dada via .

ボリンジャーバンド1σの外側か内側かで相場の状態がわかる。

ボリンジャーバンドの1σで、相場が動き出すタイミングを知ることができます。その方法はとても単純で、すべての時間足で同じように判断が可能です。 photo credit: jurvetson via photopin cc .

ユーロドル、日足サポートは強力だが重要経済指標で売りぬかれた。

usd mn

usd d1

usd h4

複数時間足のフラクタル構造を知れば相場の動きが読める。

相場は重なりあう時間軸がフラクタル構造になっています。一見ランダムそうに見える波の動きも規則性があり、その特徴をつかめば相場観を身につけるのに役立ちます。 photo credit: Sanchtv via photopin cc .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる